FC2ブログ

大都市・近隣型商店街の現状

 ごく一部を除いて見る影もありません。関係の皆さんは先刻
ご承知のとおり。

政令都市クラスにおける商業配置の大まかな状況:

①都市中心商店街:大半をナショナルチェーンに占拠され、由緒
ある老舗は〈デパートも〉苦戦を強いられている。
②市内結節点に位置する混合(買い回り・最寄り)商店街は、
背後の居住人口、通勤客の支持を得ているか否かが分かれ道だが
多くの場合陳腐化―劣化スパイラルが駆動し始めている。
③最寄型商店街:核=スーパーマーケットがフリースタンディング
のライバルに敗北・撤退したところは極めて厳しい。
かっては大繁盛した街も今や仕舞た屋通りになっていたり。

 総じて大都市の地場小売業は、極めて厳しい状況に陥っており、
しかもこれまであまり実になる“勉強”をしておらず、結果、
活性化のつもりで販促に取り組む、という組織が多い。

 共通しているのは“将来になんの希望も見いだせない”こと。

 この点、キラリなどに取り組む中小都市の商店街の方が勉強
・実践ともよほど充実しておりしており、その分、将来の展望も(相対的に)ありますね。

 大都市圏の商店街、特に地場小売業が太宗を占める商店街は、
販促事業から活性化事業へ、コペルニクス的転回を実現できるか
どうか、という一点に将来の命運が掛かっています。
既報のとおり、福岡市では“商店街活性化を牽引する“核店舗”
創出事業”が推進されています。その目的・内容は“キラリ輝く
繁盛店づくり”そのもの、本年度実施された2商店街は次年度、
商店街全体への普及に取り組む予定です。


 我々が見るところ、大都市の進駐組に占拠されている・されつつ
ある・中心商店街を除く商店街の状況は概ね上述の通りですが、
当該商店街執行部の皆さん、突然降ってわいた「賑わい事業」
に色めき立ち、ひと月前に夢想だにしていなかった「花いっぱい
運動」でもやってみようか、などと腕まくりしておられなければ
良いのですが・・・。

 一度は“活性化とは街がどうなることか”“販売促進と活性化の
違い”などについてじっくり考えて見る機会を設定することが
必要だと思いますが、如何ですか。
商業者以外、特に行政の担当者さん方。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ