FC2ブログ

商店街活性化の計画作成

 従来は、プランニング業者(シンクタンクやコンサルタントなど、
以下「プランナー」)に委託することが多かったのですが、
近年、“自分たちで作る”というケースが多くなっています。
これまでの計画は業者任せで作ったが、実効性のある計画が手に
入らなかったことや財政事情が厳しくなり委託に必要なお金の工面が
困難になったことなどがその理由でしょうか。
さらに、TMOなどまちづくり会社が存在価値を発揮するために
自分達で作るべき、と主張するというケースもありますね。

 “自分のことは自分でする”という常識が発揮されて自分たちの
仕事の段取りは自分たちでする=自分たちのための計画だから自分
たちで作る、となり、はては“地元のことは地元のものでないと
分からない”とエスカレート、地元の計画は地元でないと作れない”
とまで突っ走る例もありそうです。
東京の人間に地方のことが分かるか、といった批判さえ聞かれますが
とんでもない間違いですね。

 そもそもこれまでなぜ外部のプランナーに委託したかといえば、
地元に計画作成に必要な能力が十分備わっていないことを自覚して
いたからでは無かったのか。
とするなら、「自前作成」を目指す皆さんは、いったい、いつの間に
自分がちが「計画作成能力」を獲得したのか、あらためて考えてみる
ことも必要ではないかと。
ももはや失敗が許される余裕は無いはずですからね。

 プランナーに依頼しても実行力のある計画が出来なかったことと
“地元で作ればいい計画が出来る”という主張とはまったく無関係
です。

 日本全国、どこも作成できなかった「商店街再生への道」を
自分たちは自前で作ることが出来る、という根拠があるとすれば
それはいったい何でしょうか?

 プランナーに委託して手に入れた計画が挫折したのはもちろん
出来上がった計画がまずかったからですが、その原因は“委託”
という行為にあったのでは無くて“委託先を間違えたこと”必要な
能力を持っていないプランナーを選んで委託したことが間違いの
原因であり、結局、地元に委託先を選定する能力が欠けていたから。
さらに言えば、委託した計画の中身のほとんどは地元が希望した
ことばかりのはず・・・。

 これまでの計画が役に立たないのは、“計画を作るためにはどんな
委託先を選定すれば良いか、という広義の計画作成能力が不十分
だったため、委託先の選定が甘かったからでした。

 ということで。
“商店街活性化に関する計画は自分たちで作る”という風潮は、
冒頭に書いた事情もあってこれから流行しそうな雲行きですが、
地元のことは地元が一番しているし、安上がりだし、といったレベル
で採用すると必ず失敗します。
計画書は出来てもそれに自分の商売の命運を賭けようとする人が
蔟出するだろうか、蔟出したとしてその人たちの繁盛を本当に実現
出来るだろうか、さらには。

 商店街を活性化するには、街全体が活性化へ至る道筋を歩みつつ、
だんだん高まっていく消費購買側の要求に対応できる店づくり・
まちづくりに取り組んで行く能力を向上させ続けなければならない。
そこまで考えての「自前作成」なのかどうか。

 それより何より、問題が“商業集積多様化時代における商店街の
商業集積としての再構築”であること、それが何を意味しているかと
いうことがちゃんと理解しているか、というあたりについて胸に手を
当てて考えて見るべきです。

 関係各方面を巻き込み、それぞれ成果を挙げてもらうことを通じて
商店街活性化を実現していくという問題にチャレンジし成功するには
いったいどんな能力がどれほど必要とされるのか?
果たして必要な能力を自分達は既に持っているのか、持っていない
とすればどこでどう獲得するのか?

 餅は餅屋であり、計画を立てるのは専門家に任せるべき、その前に
いったいどのような専門家に任せたら自分たちの現有能力で活性化を
実現出来る=使いこなせる計画が作られるのか、といったあたりを
熟考することからスタートすべき。

 これまで考えたこともない問題からスタートし直すことになります
が、「計画作成」特に商店街活性化を実現するための“本物の計画」
を作ることは、従来的計画作りの表面的な改善では成達成
出来ない
難しい問題だということ、もちろん、この難しさは“商店街活性化”
という問題の難しさを直接反映しているわけです。

 ということで。
この記事を読まれただけでも“商店街活性化”の周辺にはあなたが
これまで考えたことも無い問題が潜んでいるかもしれませんよ。

※ちなみに有効な計画作成には“計画が具備すべき一般条件”や
“計画作成で厳守すべき一般条件”などがいろいろとあります。
これらの条件に無知のまま作られた、その上肝心の“商業理論”も
装備していなかった、ということが従来の計画がダメだった根本原因
自前で作りたい人は、
「計画原論」や「商業理論」をちゃんと勉強することが先決ですが、
商店街にはあなたの準備が首尾良く済むのを待つ余裕はありません。

 商店街活性化の実現に取り組む“本気度”は単に気持ちの
持ちよう
だけでは不十分です。

と老婆心ながら。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ