日本の商店街空洞化と闘い勝利する!

 今日のタイトルは、当社が想定する当社自身の事業機会です。
もちろんこれは事業機会ですから,当社がこの闘イの主役という訳
では無く、全国商店街有志、とりわけ地場・中小・独立・自営
商業者の闘い・勝利に貢献することが当社の【所期貢献】である
という意味です。

 全国の商店街はなぜ空洞化したのか?
その理由は、ハッキリしておりまして、活性化の取り組みが成功
していないから,ですね。活性化が必要な商店街が活性化出来
なければ空洞化がさらに進むのは当たり前。

 活性化とは何か? 存続の危機に直面している商店街に施策を
講じてその存続を維持確保すること。
したがって、活性化出来なければ衰退、空洞化していくというのが
活性化が必要な商店街の行く末です。

 なぜ成功しないのか? なぜ失敗したの?
失敗はどの時点から始まっているのか?

見極めなければ,真性・活性化への道を見いだし、軌道を転換する
ことは出来ません。

 平成元年(時期不明確)、中小商業活性化基金が設置され、
いわゆる「基金事業」が発足して以来、今日にいたるまでずうっと、
活性化の取り組みは成功していません。
なぜ成功しなかったのか、その理由は、当時にさかのぼります。

 商店街活性化が全国商店街共通の課題となったのは、平成元年、
大店法が緩和された時以来です。
大店法の緩和~大型店の出店既成がほとんど有名無実となり、
商店街に立地する中小商業者は厳しい・自力で対応できない競争に
直面することになりました。

 この影響を出来るだけ小さくして商店街=中小小売業業者の事業
機会を確保することが大店法緩和の条件であり、中小商業者多数が
立地する商業集積=商店街の存続基盤を維持することを目的に設置
されたのが【中小小売商業活性化基金】でした。
 この制度のスタートをもって、全国の商店街が一斉に【商店街
活性化】という課題を共有し活性化策を講じることになり
ました。
すなわち、商店街活性化とは大型店の出店攻勢に抗して既存商店街
の事業機会を再構築することを目指す取り組みの創唱だったのです。

 重要なことは、制度としての商店街活性化が大店法緩和=大型店
対策としてスタートしたということ。このことはいくら強調しても
強調しすぎることはありません。
資本・組織等の競争力で優位に立つ大型店に伍して事業機会を維持
するための取り組みを支援することを目的に設定されたのがこの
基金です。

 制度としての商店街活性化が成立,全国の商店街に瞬く間に波及
したのはこの基金を活用して作成された【商店街活性化構想】が
発端でした。この構想は、大店法緩和~予測される大型店との競争
激化に対応するための方策を定め、「高度化事業」をはじめとする
施策を活用してその存続基盤を構築することを目的に作られたのです。

 したがって、大型店との戦略的な位置関係を主体的に定め、
その位置を確保するという効果的な『構想』を作るためには、
出店が予想される大型店(郊外型ショッピングモールその他)の
商業集積としての特性及び経済機能としての特性を適切に理解した
上で、対策を講じることが必要でした。

 しかし、当時、ショッピングモールをはじめとするSCその他の
新業態大型店の特徴を理解し、これと『棲み分け』することで自分
たちの存続基盤を確立する、というあるべき構想を作成した商店街
はきわめて限られていました。
(当社が知る限り、佐賀県武雄市の中心商店街を構成する,松原・
本町両商店街のみでした。旧中活法の制定で『武雄市中心市街地
活性化基本計画』に継承された両商店街の活性化構想の結末に
ついては、あらためて報告することがあろうかと思います。)

 さて、全国各地で順次作成された『商店街活性化構想」は、
大型店との競争の武器となることは出来ませんでした。
上述のとおり、新しく登場してくる競争相手の性格を見極めることが
出来ず、適切な対応手段を講じることが出来なかったからです。
ここから活性化の「迷走」が始まります。

 活性化構想の失敗を“もはや商店街は単独では活性化出来ない”
と総括して、制定されたのが旧・中活法=『中心市街地における
市街地の整備改善及び商業等の活性化を一体的に推進するための
法律』ですね。

以下長くなるので掲示板【都市経営・入門編】に移行します。

なお、この記事は大変重要なので御市関係各方面等へぜひご紹介
ください。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ