FC2ブログ

集客力の向上とは

 そもそも集客力とは何か?
まずこの言葉の定義からスタートしなければならない。

 商店街活性化界隈では、専門用語めいた言葉がたくさん使われていますが、そのほとんどが定義されていません。
一丁目一番地である「商店街活性化」ですら、使う人によって“通行量増加”から“賑わい創出”、“商業集積としての機能の賦活”までさまざまの意味で使われます。そうそう“賑わい”も多義ですね。

 言葉の定義が共有されていないと、同じ言葉を使いながら違う話をしていることになります。表層的に話がまとまっても目的はまとまっておらず、同じ事業に取り組んでも期待していること、実現を目指すことは異なっていたりします。結果として事業が終わっても総括は出来ず、次の事業への教訓は得られず、同様の取組が延々と続けられる・・・。もっとも補助金が続く間、ですけど。

 余談はさておき。
 集客力の向上が課題になっている商店街は、集客(通行量では無い)を増やし、売上を増やさなければならない状況に直面しています。
なぜ、お客は来てくれないのか?
答は簡単、(お客から見て)商店街よりもっとショッピング行き先として魅力のある商業集積があるから、です。一般に集客力の向上が課題になっている商業集積は、競合する他の商業集積との間で繰り広げられている集客競争において「ひけ」を取っているわけです。
 集客力の向上とは、“地域住民が喜んでくれそう”と考えられる企画に漫然と取り組むのでは無く、当該商店街を含む「集積間競争」にうち勝つ力をつけていくこと、に他なりません。
集客力=「当該商圏において存続可能な売上を確保し続ける能力」と定義してよいでしょう。
集客力とは、商業集積の命運を左右する言葉、その意味するところを肝に銘じておかなければならない。
毎度のことながら、定義を間違うとえたら事業の基本を間違えることになりますから、事業が成功しても集客力は向上しなかった、ということになりかねません。
 通行量だって、商店街の通行量と言えばショッピング目的の来街者数が基本ですから、商店街活性化を目的にした通行量の増加なら、その取り組みは「ショッピング目的の来街者を増やす」という方向で企画されなければならなかった。そうすればその取組は「集客力向上」と相通じる取組となり、成功したかも知れないのですが・・・。
(このあたり、肝に銘じておかないと定義無しで取り組まれている“集客力向上のための事業”は、定義無しで取り組まれた通行量増加のための事業の二の舞になります。)

 さて、集客力とは商圏における商業施設間で繰り広げられている集客競争にうち勝つための力、競争力のことです。
商店街の競争力と言えば。
皆さん、熟知(でもないかW)の 閣議決定『中心市街地の活性化に関する基本的な方針』 (平成18年9月8日)において次のように書かれています。
“中心市街地における中小小売商業の活性化のための取組が、従来、a)個々の商店街ごとの活性化努力にとどまり、複数の商店街による広域的な中小小売商業の発展に必ずしも結びついていないこと、b)専ら基盤整備などの周辺事業にとどまり、中小小売商業としての競争力の根幹である業種揃え・店揃えの最適化に関する取組が不十分であったこと、―以下省略―”
 『基本方針』によれば、中小小売商業・商店街の「競争力」の根幹は“業種揃え・店揃えの最適化”と定義されており、競争力の別名である集客力の根幹は“業種揃え・店揃えの最適化の取組”、集客力向上とは“商店街の業種揃え・店揃えの最適化に取り組むこと”に他なりません。

 このように考えてくると、集客力とは、当該商業集積(商店街)が厳しい集積間競争のなかで存続するためにゼッタイに持っていなければならない力、であり、その向上を図ることはとりもなおさず、商店街の活性化を実現することと同義です。
集客力向上=競争力の向上=業種揃え・店揃えの最適化であり、商店街活性化の取組の主要課題そのものであると考えましょう。

 とするならば、集客力向上の取組を成功させるには、
“業種揃え・店揃え(テナントミックス)”とは何か?
業績が低迷している商店街において“業種揃え・店揃えの最適化”とはどのように実現していくのか?
ということをしっかり考え、明確に答を出さなくてはならない。
ここまでやってはじめて“集客力向上”のために取り組むべき事業が見えてくるのです。
逆に言うと、ここまで遡って考えを詰めないままで取り組まれる集客力向上の爲と銘打った事業は羊頭狗肉、目標として掲げた意義を実現することは出来ず、商店街の空洞化はさらに深刻化することになります。

 長くなりすぎたので、今日はここまで。
「業種揃え・店揃えの最適化」とは、補助金を利用して空き店舗を埋める、商店街に欠けている業種を誘致する、といったお手軽な話ではありません。もちろん、ショッピングセンター的なテナントリーシングともまったく違います。
ここを理解しないと集客力向上は実現出来ないのですが、続きはまたあらためて。

ご質問はメールでどうぞ。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ