FC2ブログ

“行政主導・主役は商業者”の商店街活性化

 当社が提案している「キラリ輝く繁盛店づくり、行政主導・主役は商業者・中を取り持つ商工団体」の取り組みは、ご承知のとおり、これまでに例の無い画期的な取り組みです。

 一昨年くらいから徐々に採用され始めたこの取り組みは、今年度になっていっそう拍車が掛かっており、デファクトスタンダード(事実上の正解)としてブレイク寸前といっても過言ではありません。
福岡市で開催される活性化フォーラムは、その幕開けになると思います。

 最近の取り組みは、従来の行政主導型では効果があがらないとして、選択と集中、意慾のある商店街を集中して支援する,というパターンが多くなっています。この方式を採用した結果、期待された成果が得られたかといえば、ご承知の通り、従来とほとんど変わりません。

 あらためて「行政主導」という当社の提案が注目される所以ですが、これはもちろん、過去の取り組み方への先祖返りを意味するものではありません。

 新しい取り組みは、過去の「行政主導」や最近の「選択と集中」両者と明確に異なり、明確な目的及びそれを実現するための方法と方向を持った取り組みでなければならない。


※スタート時点で獲得しておかなければならないこと。

1.「商店街活性化」の明確な定義

2.商店街活性化はなぜ必要か

3.どうしたら活性化出来るか

4.活性化実現の方法と方向

5.推進体制のあり方

 この5項目を体系的に展開しているのは,全国唯一、クオールエイド社だけだと思います。そこで。

 「行政主導、主役は商業者」による商店街活性化に当社が提案している方法と方向で取り組むのが「キラリ輝く繁盛店づくり・点から線、線から面への展開」ですね(以下「キラリ」と略称)。

 県レベルでのキラリへの取り組みは,大分県が先頭を切っています。管内11市中、昨年度までに5市、本年度3市で取り組まれます。(県単事業)
 単位自治体での取り組みは、福岡市、岡崎市など。
いずれも自治体の事業として取り組まれています。

 スタート時点の取り組みは、有志商店街組織を募って「モデル」的に取り組み、成果を挙げ・ノウハウを獲得して次年度以降広く展開するという方法です。

 ただし、これまで御地ではまったく取り組まれたことが無い性格の事業ですから、企画段階から当社と協働されることを強くお奨めします。スタート時点の事業企画を間違うと後々修正に多大のエネルギー(時間とお金)を要することになりかねません。
 当社は企画段階から報告会まで、これまでの取り組みで蓄積したノウハウ及び新たに開発した知見をもって一貫した支援を行います。

 先行取り組まれている都市の場合、スタート段階で行政・商業者・商工団体の三者が「商店街活性化への道」について方法と方向を共有するセミナーを開催されている例が多い。


 説明中“中心市街地”とあるのは当社の場合ほぼ商店街のことです。
 セミナーは、6時間と長丁場ですが、ものは考えよう、.商店街活性化を実現する「方法と方向」がたった6時間で獲得・共有できるまたとない機会とも言えます。
万難を排してチャレンジしてください。

※“商業者は勉強嫌い、講習会を開いても出てこない”とはよく聞かれる悩みですが、そもそも従来の講習会は“聞いてタメになる話”だっただろうか? ということも考えて見なくてはならない。“成功事例”の紹介や“商売繁盛の心構え”などは一度聞けばたくさんですからね。
もちろん、当社が提供するセミナーは、“一度聞くともっと参加したくなる”内容であることをお約束します。
先行開催された都市の評価などぜひ問い合わせてみてください。
 当社が提案している「キラリ輝く繁盛店づくり、行政主導・主役は商業者・中を取り持つ商工団体」の取り組みは、ご承知のとおり、これまでに例の無い画期的な取り組みです。

 一昨年くらいから徐々に採用され始めたこの取り組みは、今年度になっていっそう拍車が掛かっており、デファクトスタンダード(事実上の正解)としてブレイク寸前といっても過言ではありません。
福岡市主催の商店街活性化フォーラムでは各地で取り組まれている“行政主導・主役は商業者”の取り組みが関係三者(行政・商店街組織・個店参加者)によって報告されます。この催しは新しい「方法と方向」が大きく拡がっていく節目になることが期待されています。
福岡市主催「商店街活性化フォーラム」

 最近の取り組みは、従来の行政主導型では効果があがらないとして、選択と集中、意慾のある商店街を集中して支援する,というパターンが多くなっています。この方式を採用した結果、期待された成果が得られたかといえば、ご承知の通り、従来とほとんど変わりません。

 あらためて「行政主導」という当社の提案が注目される所以ですが、これはもちろん、過去の取り組み方への先祖返りを意味するものではありません。

 新しい取り組みは、過去の「行政主導」や最近の「選択と集中」両者と明確に異なり、明確な目的及びそれを実現するための方法と方向を持った取り組みでなければならない。


※スタート時点で獲得しておかなければならないこと。

1.「商店街活性化」の明確な定義

2.商店街活性化はなぜ必要か

3.どうしたら活性化出来るか

4.活性化実現の方法と方向

5.推進体制のあり方

 この5項目を体系的に展開しているのは,全国唯一、クオールエイド社だけだと思います。そこで。

 「行政主導、主役は商業者」による商店街活性化に当社が提案している方法と方向で取り組むのが「キラリ輝く繁盛店づくり・点から線、線から面への展開」ですね(以下「キラリ」と略称)。

 県レベルでのキラリへの取り組みは,大分県が先頭を切っています。管内11市中、昨年度までに5市、本年度3市で取り組まれます(県単事業)。単位自治体での取り組みは、福岡市、岡崎市など。
いずれも自治体の事業として取り組まれています。

 スタート時点の取り組みは、有志商店街組織を募って「モデル」的に取り組み、成果を挙げ・ノウハウを獲得して次年度以降広く展開するという方法です。

 ただし、これまで御地ではまったく取り組まれたことが無い性格の事業ですから、企画段階から当社と協働されることを強くお奨めします。スタート時点の事業企画を間違うと後々修正に多大のエネルギー(時間とお金)を要することになりかねません。
 当社は企画段階から報告会まで、これまでの取り組みで蓄積したノウハウ及び新たに開発した知見をもって一貫した支援を行います。

 先行取り組まれている都市の場合、スタート段階で行政・商業者・商工団体の三者が「商店街活性化への道」について方法と方向を共有するセミナーを開催されている例が多い。


 説明中“中心市街地”とあるのは当社の場合ほぼ商店街のことです。
 セミナーは、6時間と長丁場ですが、ものは考えよう、.商店街活性化を実現する「方法と方向」がたった6時間で獲得・共有できるまたとない機会とも言えます。
万難を排してチャレンジしてください。

※“商業者は勉強嫌い、講習会を開いても出てこない”とはよく聞かれる悩みですが、そもそも従来の講習会は“聞いてタメになる話”だっただろうか? ということも考えて見なくてはならない。“成功事例”の紹介や“商売繁盛の心構え”などは一度聞けばたくさんですからね。
もちろん、当社が提供するセミナーは、“一度聞くともっと参加したくなる”内容であることをお約束します。
先行開催された都市の評価などぜひ問い合わせてみてください。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ