商店街活性化フォーラム参加のおすすめ

福岡市主催 商店街活性化フォーラム

■理論無き実践は不毛
 戦略的中心市街地商業等活性化支援事業は、事業仕分け審査の結果、「廃止」と決定、これを受けて牧野経産副大臣は審査結果を確認するとともに、スキームそのものの抜本的見直しに言及しました。

 中活法自体の見直しまでにはまだ時間がありますから、次年度に向けて実施されるのは、運用面の見直しだと思われます。
総務省の行政評価によって“数値目標”の設置を求められ、通行証の増加などの目標を設定したのですが、それが前回の仕分けで“通行量の増加が活性化を実現するという論理”明らかにするよう求められ、今回“進捗も成果も見えない”と指摘され,さらに通行量の増加が活性化に結実していく論理も未だに明らかで無い、と指摘されたのですから、見直しは、
①通行量の増加が活性化の実現に連なっていく論理を明らかにする。あるいは、
②従来とは異なる“進捗状況や成果が見える”目標なりシナリオを描く
のいずれかを選択することになります。

 当の商店街/中心市街地の取り組みにとって、通行量の増加という目標はかがけてはみたものなかなか達成しにくく、達成したとしても直ちに活性化につながるものではないことは、ここ数年来の多くの人が確認しているところです。
したがって、必要な見直しは、これまでの取り組みそのものを見直す、これを否定して新しい取り組みを代置する,ということになります。

■ 新しい取り組みをどう構想するか?

ことここに至っては,取り組まなければならないのは、これまでのように論理的な作業を欠いたまま、ぽつんと「目標」を設定するという方法から脱却して、「活性化実現の道筋」を構想し、投入可能な能力や資源をもってその道筋をたどっていくシナリオを描き、日々の活動としてそのシナリオを具現化していくという当たり前の方法に立ち帰ることです。
戦略的中心市街地商業等の活性化支援事業という、近年スキームの中心に据えられている制度が「廃止」の評定を受けたこと、さらにそれが活性化実現への目標に掲げる「通行量の増加」についてその「中心市街地活性化実現への道」における位置づけが明確にされなかったこと,二つを考え合わせれば、これ以外に選択の余地は無いと思われますが如何でしょうか。

 商店街を活性化する,即ち、後発の商業施設によって陳腐化され、商業集積としての機能が著しく劣化している商店街を再びショッピングゾーンとして賦活させるには、
①都市経営上の商店街・商業活性化の必要性を示し、
②外部環境及び内部条件を踏まえて活性化の可能性を明らかにし、(以上を「活性化の論理」と言います)
③現状からスタートし、既存の条件及び調達可能な条件を駆使して活性化を実現していくシナリオを描き(これを「戦略」と言います)、
④シナリオを具現化していくための基本及び個別の計画を立てて実践する(ズバリ「実践」ですね)
という大きな「取り組み方」を選択し、その内容を詰めていかなければならない。

■ 理論装備の必要

 このとき不可欠なのが「商業理論」です。

商店街はなぜ活性化しなければならないか?
活性化は誰の仕事か?
どうすれば活性化出来るか?
どのような順序で進めるべきか?
何を準備しなければならないか?

などなど、明らかにしなければならないことがたくさんありますが、これらの問題に「解」を出すには作業の前提として,作業を導く適切な「商業理論」を持っていることが必要です。
当コーナーでも繰り返し述べているとおり、当社は創立以来、一貫して理論装備の必要を主張し、自ら「論理」を構築し、「戦略」を編みだし、有志の皆さんとともにその実践に努めて参りました。
皆さんよくご承知のところです。

 振り返って見れば、これまでの取り組みにおいて、「商業理論の必要性」は当社以外のどこからも誰からも提唱されておりません。
 後発の商業集積から陳腐化され没落の一途をたどっている商店街がもう一度商業集積としての位置を回復するためには、都市内外の商業事情を把握し、その再建及び存続を可能にする根拠を明らかにしなければならないことはあまりにも当然のことだと思われますが、どういうわけか当社以外にこのことを主張する人・団体はこれまでありませんでした。

 しかし、もはやこれまでの様な論理に裏打ちされていない取り組みを漫然と続けることはもはや許されません。事業仕分けの結果及び副大臣の「スキームそのものの抜本的な見直し」とはそういうことを意味していると思いますが如何でしょうか。

商店街の活性化はなぜ必要か?

 都市を存続していく、再投資可能性を維持していくためには、都市全体の所得が消費に回った段階でもう一度域内における投資の原資として再帰することが必要であり、消費が都市の収益となり、再投資・新しい投資の源泉となる仕組みを構築しなければならない。

 そのためには、地場小売業の集積である商店街の消費の場・ショッピングゾーンとしての再構築が不可欠、現在、域外から進出している郊外の商業集積群に向かっている消費購買力を商店街に呼び戻さなければならない。

 商店街が再投資可能性を取り戻すことが商店街活性化の目的であり、そのためにショッピング行き先としての機能を再構築することが活性化の取り組みが実現を目指す目標です。

 今どき、商店街活性化という都市にとっては極めて重要な取り組みを都市以外の力に期待することは出来ません。
都市は自力で活性化への道を切り拓かなければなりませんが、この状況は全国・全都市に共通する条件であり、各都市の取り組みについて情報と経験を共有することが出来れば、それはより確実な「成功への道」となるはずです。

■フォーラムが報告すること

 7月26日、福岡市で開催される「商店街活性化フォーラム」は」まさにそれを実践している都市・商店街からの報告です。

商店街活性化について考えるに当たっては,少なくとも上述の様なことは基本的な前提として考え準備しておかなければならない。活性化の実現にとって実践を導く「論理と戦略」は不可欠です。
副大臣が述べられた事業仕分けの総括コメント“スキームそのものの抜本的見直し”とは「スキームの運用に不可欠の“論理と戦略”をあらためて装備すること」を指していると思われるのですが、皆さんのご理解は如何でしょうか。上述の通り、そのように考えなければ“抜本的な見直し”は不可能です。

理論無き実践の結果もたらされるものは成果では無くいっそうの荒廃である.
今、全国の商店街がこのことを証して余りある状況となっています。

 真に商店街の賦活を目指すものは、あらためて「商店街活性化への道」の論理と戦略を獲得しなければなりませんが、現在、われわれはその最後の機会に直面しています。

 このたび開催されるフォーラムは、これまで各地で開催されてきたものとは異なり、商店街活性化の論理と戦略に基づいて取り組まれた実践の現段階の成果が実践された皆さんによって報告されるという画期的なものです。

 都市・商店街の規模や直面している問題が異なる皆さんが、同じ「論理と戦略」で活性化に取り組んだ結果、街は、個店はどう変わりつつあるか、行政・商店街組織・個店経営者の生の声を聞き、新しい取り組み構築の参考にしてください。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ