大分県 商店街魅力ある店づくり支援事業全体報告会"トップバッターで報告されているブティック・ISユーさん。"減らすのは不安だったが思い切って取り組...">
FC2ブログ

店頭在庫を減らせば売上が増える

 キラリ輝く繁盛店づくり(以下「キラリ」)の大事なノウハウです。半信半疑、だめだったら元に戻せばいいじゃない、ということで試行したお店の多くが実際に売上をアップさせています。

 今すぐチェックできるのはこちら:
"大分県 商店街魅力ある店づくり支援事業全体報告会">大分県 商店街魅力ある店づくり支援事業全体報告会"トップバッターで報告されているブティック・ISユーさん。
"減らすのは不安だったが思い切って取り組んでみた。お客さんの反応は最初は"商品が少なくなったようだね"だったが、やがて"商品が見やすくなった"ということで、
①お客さんの回遊が促進された
②商品の回転が速くなり売場の鮮度が高くなった
③在庫が軽く(資金繰りが楽に)なった
ということで、
◎毎日お店に出てくるのが楽しい
と報告していらっしゃる。

 もちろん、業績につなげるには在庫をただ単純に減らせばよいということではありません。
"お客に見える店づくり"に取り組むこと、その一環としての取組でないと売上アップにはつながらないことは、"キラリ"の皆さんには常識ですね。

 在庫を減らそうと提案すると、中には"今ある商品が売れてから"という人がいます。
それではだめ。
今すぐエイヤっと減らす。
減らした商品はバックヤードに移動する。

"いや、うちの商品は一点ものばかりだから、それは出来ない"
という人がいますが、そんなことは無い・ちゃんと出来ます。

ということで。
お客様のニーズを在庫(バックヤード分を含む)と結びつけるのが専門店の専門店たるゆえん、そのために"接客"があるのです。
目一杯並べてお客にピックアップさせる、という方式は量販店の商売、知らず知らずのうちにセルフ・量販商売の影響を受けています。

 セルフ・コモディティ・量販の郊外型小売業とタイマンを張るには、カスタマイズ・ラグジュアリィへと意識的にシフトとしなければならない。
大分県三都市の取り組みはそのモデルです。
それぞれの都市の取り組みの成果もアップしています。
たっぷり時間を用意して三都市全部チェックされることをお勧めします。

『動画で見る商店街魅力ある店づくり支援事業成果報告会』 

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ