中心市街地“正真正銘”活性化への道 岡崎市の挑戦

  今日からタウンマネジメント研究会と第二期おかざき商人塾本講がスタートします。
タウンマネジメントにあたるTMO要員のスキルアップとマネジメントを受け入れる商業者、両者の研修が並行して行われます。

岡崎市中心市街地活性化の取り組みは、中活法のスキームを全面的に採用されており、行政主導・主役は商業者・仲を取り持つTMO(市街地姿勢機構)という体制による取り組みです。

 都市の能力を結集して実現を目指す“一体的推進の目標”(基本計画・商業の活性化の重点プログラム)は、昨年度作成された『岡崎市中心市街地活性化ビジョン』において、《ラグジュアリィモールの創造》と決定されています。

同ビジョンより引用:
“個店の能力向上・繁盛店づくりに自助努力する商業者を組織化するとともに,空地・空店舗の活用による集積の拡充を図りながら,ラグジュアリィニーズに対応したショッピングモールとしての再生を目指します。”
引用終わり*************

活性化の方向として、まちを一個のショッピングモールに見立てるというのは、中企庁・『TMOマニュアル』で推奨されているものです。

 スタートした二つの取り組みは、この目標を実現していくための実践であると同時に所要の能力を確保するための事業でもあります。
中心市街地―商店街活性化の取り組みは,常に“取り組みを通じた能力の向上”という性格を持っていることが不可欠、特に商人塾では,有志商業者を募って“ラグジュアリィニーズに対応する店づくり”に挑戦し、“モールへの挑戦を通じた繁盛づくり”の可能性を実証するとともに、点から線、面への展開のためのノウハウの蓄積を図ります。

 中活法のスキームで中心市街地・商店街活性亜kに取り組むとはどういうことなのか、岡崎市の取り組みはその“モデル”とするにふさわしい要件を備えています。

 スタートした第二期おかざき商人塾の参加者は26名。中心市街地以外の商店街の有志および近隣都市・商工会議所の商店街担当者さんも受講されています。

 ご承知のとおり、上記の趣旨・方法と方向による商店街活性化の取り組みが同時多発的に展開されることは、中心市街地活性化の目的である“経済活力の向上”すなわち、①市内経済循環の実現,ひいては②国産消費財産業の活性化に向けた流通~製造段階への取り組みの遡及実現に不可欠の条件です。

 第二期おかざき商人塾の取り組みでは、非中心市街地および他都市への普及というこれまでの商人塾には無かった新機軸が打ち出されています。
商人塾運動に新しい・成功への一歩が加えられることになります。

 興味のある方は一度視察されては如何でしょうか。
次の開催は
商人塾:14,15日 
タウンマネマネジメント研究会:16日 です。

 来年2月には公開で成果報告会が開催されます。

お問い合わせは,同市商工労政課商業振興班へどうぞ。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ