“地場小売商業の担い手”を育成する

 これまでの商業・商店街活性化施策はなぜ所期の成果を挙げることが出来なかったのか?

 答は簡単でありまして、施策・取り組みがもっぱら「周辺事業」に集中し、活性化策の目的である消費購買行動を商店街に吸引する唯一の方法=買い物の場としての充実については、各個店の自助努力にまるまる委ねていた、というところに施策が結実しなかった根本的な原因がある。

 いつも申し上げていることですが、『基本方針』で力説されている“業種揃え・店揃えの最適化”は、不足業種の誘致などというレベルの話では無く、テナントミックスつまり集積全体としての“店揃え・品揃え”のこと、既存個店の売り場づくりも当然改革改善の対象になるわけですが、ここをまったく問題にすることが出来ない基本計画では商店街の活性化は実現出来ないことは最初から分かっていたことです。

 百貨店やファッションビルあるいは郊外型集積に至るまで
業績が低迷している今日、商店街だけが商売のあり方.店づくりの実態については不問のまま、イベントや景観整備レベルの取り組みをもって活性化を実現しようというのはあまりにも現実を無視した独りよがり。

 このような施策への取り組みで満足?している商店街には「現代における商業のあるべき姿」を実現するために必要な
識見と技術に不足があると言わなければならない。

 活性化施策がなかなか実らないことから、上記のような本質的な問題を直視することになった都市では商店街活性化=ショッピングゾーンとしての再構築という視点から新しい取り組みが始まっています。
 特に注目すべきは、既存個店の繁盛を実現しようという取り組み、問題になっているのは既存商業者の店づくりの現状と消費購買行動からのショッピングの場へのきたいとのギャップを埋めていくこと。
既存個店の経営者が自発的にこの課題に取り組み、成果を挙げられるとは期待できません。出来るならさっさと実践すれば“活性化”という問題は起きなかったはず。

 そこで施策として浮上するのが既存個店の経営力を向上・転換するという課題への取り組みです。
当コーナー、これまでの考察を踏まえてこれを表現したのが今日のタイトルです。

①空洞化している商店街に於いて
②商売に励んでいる商業者の中から有志を募り
③地場小売業の集積としての商店街を活性化していく
④実践を牽引していく新しいタイプの商業者を育成する
つまり、“地場小売商業の担い手を育成する”、お役所用語風に言えば「地場小売商業担い手育成事業」となります。

 商店街活性化施策の多くが、商店主や来街者に対するアンケート調査の結果に基づいていることは周知のところですが、こういう手法は活性化の実現よりもアリバイづくり、自分の頭で考えるよりも省思考を旨とする人にとっては好都合ですが、本気で商店街を活性化したい人にとっては、取り組む施策を決定する手法としては、セッタイにあってはならないものです。

 売上げ低迷に悩む商業者や気に入る買い物行き先があれば従来の経緯にこだわらず、さっさと出かけていく消費者に“商店街活性化の方法と方向”について効果的なアイデアを出してもらう、という発想に問題がある。
そもそも我が国ほとんどの都市が直面している大難問である商店街活性化に取り組むにあたって、解決策の案出を当事者の意向に基づいて決定するという姿勢が間違っています。

 商店街を活性化する、とは、商店街をショッピングゾーンとしてのgoing concernとして再生することすなわち、営利事業を永続的に営なむことの出来る商業集積として再構築することです。
何よりも、今や影も形も無くなっている「投資・再投資の可能性=収益性」を実現しなければならない。

 郊外型・進駐組小売業が猖獗(ワルイことがはびこること)を極める環境に於いて、陳腐化―劣化―空洞化という沈下スパイラルのまっただ中にある商店街を活性化させようという訳ですから、そのまっただ中にある商業者がこれまで培ってきたノウハウだけではとても所期の目標を達成することは出来ません。
ハコ、入れ物、通行量を変えても一緒です。

 活性化のカギを握る肝心要のショッピングには、各個店の売り場が対応しますが、ここについては旧態依然、イベントや一店一品や百縁商店街など“出来るだけ売り場を変えずに済ませたい”事業に取り組んだからといってお客が帰ってくるわけが無い。

 余談ですが、認定基本計画のフォローアップでは“計画期間中に通行量的数値目標は達成可能の見込み”などと書かれていますが、達成できたとしてそれがどうした、達成に向かって取り組みを推進中のいま現在、認定当時と比べて“繁盛”に近づいた個店がいくつ生まれているか、ちょっと考えてみただけで結末は容易に想像できますね。

 担い手とはどういう人たちを指すのか?
いくつか要件を挙げて見ますと。
① 商店街を取り巻く環境の変化を踏まえて、掲げられる活性化実現の方法と方向を理解していること。
② 「活性化実現の方法と方向」に基づいて自店の経営を漸化(ぜんか=徐々に変化させる)させ、繁盛を実現していること
③ ①及び②を踏まえて商店街の仲間の取り組みを支援出来ること。

 今、商店街のリーダーと自他共に認める人たちの中に、こういう要件を備えた人が果たして何人いるのか?
3年、5年後あなたの商売は大丈夫か?と聞いてみたくな留ようなリーダーが横行していることはご承知のとおり。
上記の要件を満たさないカリスマリーダーなどが権力を握っている商店街はそれだけでお先真っ暗かも。

 ということで。
“コミュニティの担い手”も大事ですが、これは空洞化著しい商店街が、他に先駆けて立てるスローガンではありません。まずは、“地場小売商業の担い手”として繁盛店が軒を連ねる商店街を実現する方法と方向を学び、実践し、成果を挙げて街ぐるみの活性化の取り組みを牽引していく、そういう役割を担う商業者を商店街の中から輩出することが喫緊・最優先の課題です。

 目下各地で始まっている今年度のキラリ輝く繁盛店づくり、都市経営・地場小売商業の振興という政策課題に引きつけて命名するなら標記のとおり。
今年度はこれからさらに数カ所(県・市)にプレゼンテーションを行う予定です。
あなたの地域でも如何ですか?

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ