FC2ブログ

行政主導の商店街活性化

 なにぃ、商店街活性化は商業者の仕事だろうが、と思ったあなたは経験が足りない(笑

 そもそも。商店街がそこでお店を張っている商業者の企画立案・協働で活性化出来るくらいなら何も中活法のスキーム(その最大の特徴は自治体が商店街活性化の計画主体になること)は必要なかった訳です。

 なぜ自治体・行政が商店街活性化に乗り出さなければならないのか?
自治体が乗り出せば商店街は活性化出来るのか?
自治体が先導する商店街活性化の方法と方向は?

 といった疑問が生じる人がいるかも知れませんが、いうまでも無く、当サイトご愛顧いただいている皆さんには全て解決済みの疑問ばかりです。

 今年度の当社の仕事は、タイトルの通り、行政主導で推進される商店街活性化の支援が中心になっています。
従来のように商店街組織が取り組んでいる事業についても事業を推進しながら、極力、行政の協力を得る・協働体制を実現することを追求することを提案、実現を目指しています。

 商店街活性化の取り組みにおいては、行政・中間団体・商業者という関係三者による推進体制の構築が課題であり、特に中活法のスキームではこれをどう実現していくかというところが難所でした。
これを解決するのが自治体が仕掛ける「キラリ輝く繁盛店づくり」です。

 商店街活性化を実現しなければならない、と意慾旺盛な行政の担当者さんが一念発起、当社流「商人塾」や支援センター「個店経営研修事業」について情報を収集、「繁盛店づくり」の導入にこぎ着ける、という事例はここ数年の新しい傾向でしたが、本年度、各地で一斉に(といえば大げさですが)本格的な取り組みがスタートしました。
本格的とは、
①この事業を商店街活性化推進の柱の一つに位置づける
②必要な経費等については行政が確保する
③成果の伝播拡大を目指す
④取り組みを通じてノウハウの蓄積、関係各方面のスキルアップ・信頼醸成を実現する
といった、まあ、商店街活性化という上位目的からすれば当然と言えば当然、しかしこれまで殆ど顧みられることのなかった・取り組みの本気度を示す目標を自覚しての取り組みである、ということです。

 行政主導というのは、言い出しっぺである自治体が都市経営の戦略課題として商店街活性化を位置づけ、その実現に向けてシナリオを描き、所要の条件を整備し、主役である商業者をその気にさせる、必要な体制を作る、といった基幹業務に行政が知恵を出し汗を流して取り組む、ということです。
関係各方面において、この仕事を行政に代わってやるところ・やれるところはありません。

 すでに実践がスタートしているところでは、これまで経験したことの無い、新しい人と人との関係が始まっており、事業の適切さ、成功の可能性を予感させています。

 いよいよ押し迫ったセミナー、「そうかそうだったのか商店街活性化・中活法のスキームによる実現の方法と方向」の参加者は圧倒的に行政の担当者さん、それもグループでの参加が目立ちます。
行政主導の商店街活性化、スタートとなるのは「キラリ輝く繁盛店づくり」であり、これに行政主導で取り組むことが本気で取り組む商店街活性化の第一歩、そのスタートの切り方について提案します。
この事業を商業施策・中心市街地活性化の施策体系の骨幹に据える、という自治体はこれから着実に増えていくことと思います。
年度末には交流会が持てるといいですね。

 さて、いよいよ本格的な事業シーズン、2日のセミナーを皮切りに講義出張が目白押しになっています。
特に今年は、理論・実践両面で大きな進歩がありましたので、テキストの内容が大分変わります。
目下、テキスト編集作業中です。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ