FC2ブログ

商店街・起死回生はセミナーへの参加から

中心市街地活性化基本計画(中活法)、商店街活性化事業計画(地域商店街活性化法)。

 ご承知のとおり、両者とも国が用意した二つの法律ースキームに基づいて作られた商店街の活性化を目指す計画ですが、これまたご承知のとおり、取り組んでも取り組んでもなかなか“成果が挙がってきた、このまま行けば中心市街地・商業街区の復活間違いなし”と胸を張れる都市は少ないようです。

 それもそのはず、殆どの取り組みには共通して「致命的」といってもけして過言ではない欠陥がありまして、毎度おなじみ、“商業理論を装備していない”ということですね。

 商店街・商業街区の活性化に取り組むための計画が商業理論の裏打ちなしで作られている? 
業界外の人が聞けば“まさかそんなことが!”と目をむいて驚くに違いありませんが、関係者には疑う余地のない事実です。あなたの計画も裏打ちなしで出来てるでしょ。

 「商業理論」とは何か?
ここではかいつまんで“小売商業を理解するため体系的・客観的に整備されている知識”としておきます。
①小売業を理解する:小売商業の範疇にあるビジネスなら
 全部、業種・業態・集積の区分について客観的に説明
 出来る。
②体系的:いくつかの原理を立て、原理と初期条件の展開
 で説明する。
③客観的:原理を前提にすれば誰でも体系全体を理解する
 ことが出来る(特別の“信心”を必要としない)

というような要件を備えた知識の集合・体系が商業理論です。

 商業理論を装備していないと、

①百貨店とコンビニエンスストアの説明が出来ない(区別
 がつかない)。
②商店街とショッピングセンターの違いが分からない。
 地域経済において果たしている機能が分からない。
③そもそも“小売業”を成立させている下位機能が分から
 ない

 という“無い無いづくし”ですからこのような状態で、
“ショッピングセンター&ビッグボックス全盛時代に商店街をショッピングゾーンとして再構築する”
という活性化の方法と方向が分かるはずがありません。

 商業理論の欠落は、商業活性化に関する計画立案の専門家として招聘されたプランナーさん達にも共通しています。
本来なら当然装備しておくべきところ、どういうわけか商業理論を“全く”装備していない自称・他称のプランナーさんに商店街活性化の計画を指導してもらう,というのが商店街活性化の現場,これまでの実態です。

 プランナーさん達が商業理論を装備していない証拠:彼らが作った活性化計画には“商業理論”という言葉はただの一度も登場せず、“商業理論を装備する”という不可欠の条件を整備するための取り組みは全く計画されておりません。

 どうしてこういうことが起きているのか?
それは彼らが商業理論を装備しておらず、装備してなくとも商店街を活性化する計画は作れるし、装備してなくとも活性化は実現出来ると考えているから、ですね。
百貨店がのたうち回り、ショッピングセンターの前途に黄信号が点滅する時代にどうしてこういうトンデモなことになるのか?

 その原因はプランナーが(そして関係者の殆どが)“通行量を増やせば商店街は活性化する”という何の根拠もない「ご託宣」を信心しているから、ということ以外に考えられません。商店街活性化とは“信心の世界”なんですね。

 基本計画、活性化事業計画ともに「見なおし」の取り組みが聞こえるようになりました。いろいろと不具合が自覚されてきたのでしょう。

 特に活性化事業計画は、単位商店街が・自分達の繁盛実現を目的に・自分たちが行動するために・自分たちで作った・はずの計画ですが、所期の目的を達成するにはほど遠い結果となっているところが多いようです。
スキームのスタートから3年足らず,既に計画~実践の結末は見えてきたのではないでしょうか。
自分たちの商売繁盛のために自分たちで作った計画、という触れ込みですが、高率の補助金に目がくらみ?、算盤抜き,後先の考えなしで取り組んだ結果です。

 日々の商いに直結しているはずの「活性化計画」ですが、実状は"通行量が増えれば街は繁盛する"という信心のもと、イベントの開催や非物販施設の取得といった従来中心市街地全体で取り組んできた事業を単位商店街に下ろしただけにになっているのではないかと思われる事業ばかり、基本計画の教訓は全く活かされていない、ということです。

 それもこれももとはといえば商店街活性化のための取り組みであるにもかかわらず、関係者が商業理論を装備していなかった,誰もその必要を感じていなかった、という恐るべき事情が根本原因です。

 商業についての知識を欠いたまま取り組まれる商店街活性化。

 ショッピングセンターとビッグボックス群に席巻され、「消費購買」レベルで経済循環を破壊されている地方都市において、陳腐化ー劣化ー空洞化のスパイラルに陥っている商店街を「ショッピングの場として再構築する」というとてつもない課題、これまで誰も成功していない課題に理論抜きで挑戦する、というのが大方の都市の取り組みの実態。
成功するわけがない。これで成功するなら相次ぐ百貨店の撤退は失敗だった、ショッピングセンターの低迷は“通行量を増やさなかったから”ということになりますからね。

 ついでに言っておきますと欠落しているのは商業理論だけではありません。都市経営論、組織論、プランニング理論などなど、活性化の計画を立てるためには不可欠の理論・知識一式がほとんど装備されておらず、しかも"それで全然OK"という認識で取り組まれてきたのがこれまでの中心市街地・商店街活性化です。
この状況をしっかり認識しないとこれからも(見直し、二次計画とも)“死に至る病”と二人三脚することになります。

 以上について、"腹が立つが本当だから仕方がない"と思った人には起死回生の可能性があります。
このところ連日宣伝中のセミナー 『そうかそうだったのか,商店街活性化』 目下参加申込み漸増中です。

 参加される方の特徴としては、県や市の担当者さんが主流であること。(案内したのが主に行政関係)
都市経営、地域経営上の商店街の戦略的ポジションを理解すれば、商店街活性化は行政のメイン課題の一つ、商業理論の装備はまず行政が率先して、という姿勢が見えています。
 中には行政・会議所・まちづくり会社のそろい踏みや、活性化協議会のトップと事務局がともに参加されるというケースもありまして、当社もいつもに増して気合いが入っています。

 遠隔地の皆さんには相済みませんが,年度内、他地区での開催は考えておりませんので、万障お繰り合わせの上是非ご参加くださいませ。

※会場は福岡空港から30分、JR博多駅から10分、全国殆どの都市から日帰り可能な日程です。
※予算措置が難しい時は有給休暇を利用するという手も無いでは無いw

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ