『核店舗の創出による商店街活性化事業』


 待ってた人は待っていた、(株)全国商店街支援センターの事業公募の予告がアップされました。
 昨年までの個店経営研修事業』の名称が変更されたものですが、名称変更に伴って事業内容や期待される成果が変わったのかどうか、は見る人によって異なります。

 昨年までの個店経営研修事業と本年度の事業を貫いているもの、それは、当サイトがこの間一貫して提唱している「商店街活性化への道・方法と方向」の実践段階であると言うことです。
もちろん、他の視点から他の位置づけでこの事業を理解することも出来ると思いますが、少なくとも当社としては当社流の位置づけが無いと来されている成果、活性化実現への基盤づくりにはならないと思います。

 事業自体はこれまでと変わらないと思いますが、応募へのハードルはとてつもなく高くなっています。
当たり前のことですが、単に参加したお店が“売り上げをアップした”ということでは無く、
①商店街立地で
②誰でもその気になれば繁盛できる
③その成果を商店街全体に波及させ、
④街ぐるみの半町を実現する
という取り組みのスタートにあたる訳ですから、参加店のみならず、商店街全体ひいては関係各方面のこの事業に対する期待が共有されていなければならない。これは最低条件だと思います。

 昨年までは、「個店経営」ということで、参加店を規定数そろえればOKと理解してエントリーする向きもあったようですが、それでは事業が期待する成果を挙げることは出来ません。

 本当に商店街活性化の“起死回生”の手段としてこの事業に応募する、というあるべき位置づけを基準に考えると、応募に先立って実現しておかなければならない条件がいくつかありまして、それを実現出来ないとせっかく取り組んでも成果を挙げることは出来ません。
昨年、一昨年の取り組みでも見かけられたところです。

 この事業に取り組み,成果を挙げるためには何が必要か?

 【商店街・起死回生】コーナーで考えてみましょう。

★参 考:昨年の取り組み事例
同上参加店の成果報告:
洋菓子のアルプス
ヌマタ花ガーデン

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ