FC2ブログ

活性化に取り組むと空洞化が加速する?

このところ、サイトで紹介した記事についていろいろ考えています。
『 '98~2004 旧中心市街地活性化法の実績 』

 図を見ますと、法制定=本格的な中心市街地活性化の着手と時を同じくして空洞化の進捗度合いが早まっています。
まさか、事業に取り組んだから空洞化が加速した、ということは無いだろう、加速した原因はきっと他にあるに違いない、というのが一般的な見方でしょう。
加速した原因は何か? 学生、研究者さんなど、どこかでサンプルを研究してみる価値があるのではないでしょうか。

 takeoは、「活性化に失敗したから空洞化が加速した」という事例はあちこちにあるのではないかと思っています。すべてとは言えませんが、「活性化に失敗すると空洞化が加速する」というのは事実です。

以下、続きは【商店街・起死回生】で展開中です。

中心市街地活性化に関心のある人、参考になると思います。

読んでみるか、で。
ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ