FC2ブログ

“計画って作文のことでしょ”

 商店街活性化界隈にはよくこういう発言をする人がいます。
こういう人にとって、大事なのは補助金を確保すること、計画はそのための手段だということらしい。

 一般に。
「情況~問題~解決策」であり、解決策のうち多額の出費を要するものについて補助を活用するということになりますが、計画=作文という認識を持っている人の場合、「事業に取り組む~補助金が用意されている事業に取り組む」となります。
そうしますと、計画=補助金を獲得するための手段となり、=作文となるのは当然と言えば当然です。

 高度化事業の目的は、明文化はされていませんが、消費購買ニーズの多様化に対応する商業集積の再構築=業種揃え・店揃えの最適化であることは昔も今も変わりません。
高度化事業の計画では参加各個店の品揃え・サービス・環境三点セットの改革は“最適化”実現の柱として、各参加店ごとの転換計画は、高度化事業計画の重要パートです。
これを“作文”で済ませてきたところに今日の計画=作文というビヘイビア蔓延の遠因があったかも知れません。

 さて、この期に及んで今なお、計画-作文と認識している人は、商店街・中心市街地活性化の推進に障害となる可能性があります。人の作った計画も作文と見なすことになり、結果、計画された事業の効果の判断よりも補助金要綱との対照チェックだけが関心事となる・・・・。

 「計画作成」という作業の必要が発生すると,それに応じてどこからともなく補助制度に習熟したプランナーさんが登場し、要綱をクリアする計画を作ってくれる、という慣行があり、これに乗れば補助金は確保しやすいかも知れません。中には「補助金取りの名人」という冠をかぶっている人もいたりして、人によっては重宝かも知れませんね。

 話がずれまくりですが、ともかく。
計画は、問題を解決するための方法、手順を決定、共有して推進するために作られるもの、作成にあたっては全知全能を振り絞らなければならない。
特に、商店街・中心市街地活性化界隈のように、作文の山と事業の形骸が積み上がっているところでは、肝に銘じておくべき,イロハのイだと思います。 

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ