商店街の基礎体力

 組織行動の選択範囲は、その基礎体力による制限を受けます。
もし、ある組織が“眼からうろこが落ちる”ような目的達成のノウハウを手に入れたとしても,それを活用する基礎体力が備わっていなければ猫に小判・豚に真珠。

 以上は商店街の場合も言えることでありまして、いくら優れた・飛びつきたくなるノウハウでもそれを活用するために必要な基礎体力を商店街が持っていなければ、取り組んでも効果は挙がりません。この時期、貴重な時間と費用を費やして効果の得られないことに取り組むのは、自分たちの手で空洞化の進展を早めることになります。

 商店街の基礎体力は,二つに分けることが出来ますが、その第一は個店の基礎体力、すなわち、営利・継続事業体の中核としての店舗・売り場を経営環境の変化に応じて変容させていく能力です。これがあってはじめて組織が取り組む商店街としての活性亜化事業の成果を個店の内側~収益として実現することが出来ます。もし、基礎体力が不足していたり、情況に対応していなければ、変化に対応できなかったり、間違った対応をすることになります。

 今日、中活法~商店街活性化法のスキームで取り組まれている活性化のための事業において、所期の成果を挙げることが出来ていないとすれば、その原因は“基礎体力の不足”にあるのかも知れません。
シャッターの外側で取り組まれる商店街活性化の取り組みの成果は、必ずシャッターの内側に現れなければ本来の目的を達成することが出来ませんが、シャッターの内側において成果を挙げるには成果が挙がる仕組みを店内に作っていることが前提になります。仕組みは作られているでしょうか?

 多くの商店街、中心市街地では“個店の経営は店主の専権事項だから口出しは出来ない”ことを理由に、“シャッターの内側の問題”を論じることはタブーになっています。
ご承知のとおりです。
商店街活性化について論じるための会議で“個店の基礎体力”が議題になることはほとんどありません。
中心市街地活性化基本計画や商店街活性化事業計画の状況分析で“個店の基礎体力の問題情況(不足あるいは陳腐化)”について記述されているものは見たことがありません。

 タブーにせよ、単に気づかなかっただけにせよ、基礎体力の不足ないし陳腐化を直視し、対策を講じなければ、シャッターの外側の施策がたとえ事業としては成功したと見なされても、“個店の業績好転を通じて活性化の目的を達成する”という目論見は外れます。
基礎体力の向上強化という課題に取り組まない限り、年々歳々同じことが繰り返されます。

 このような情況に陥っている原因は大きく二つ考えられます。一つは、店主の専権事項だと言うことであり、もう一つは“基礎体力の向上強化が必要なことは分かっているが、どうしたらよいか分からない”こと。
後者が原因なのに前者が口にされることもあるようです。

 基礎体力については,二つの問題がありますが、今日はより基本的な“個店の基礎体力”について考えてみました。
もう一つの問題についてはいずれあらためて。

 基礎体力の向上強化というアルファでありオメガでもある問題、当社は取り組みの方法と方向を確立し、提案提供しています。
ご承知のとおり、この問題の存在を指摘し、対応への支援を提案しているコンサルタントは当社だけ、問題の所在が確認出来た人には連携の検討をおすすめします。
他に類似の支援を提案している個人・企業は、管見の限り見当たりませんので。 

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ