中心市街地活性化“一体的推進の目標”とは?

 今日のタイトル、旧・整備改善活性化法時代から商店街活性化に取り組んでいる人の頭の片隅には、ひょっとしたら残っているかも知れません。
旧法では中心市街地活性化を推進するため
①中心市街地における市街地の整備改善のための事業と
②商業等の活性化のための事業
という二つの領域において各種の事業に取り組むこととなっていました。これを実行する計画が中心市街地活性化基本計画でした。

 基本計画の作成にあたっては、国から懇切なマニュアルが示されていました。
中でも重要な指導は、“一体的推進の目標”です。
市街地の整備改善および商業等の活性化という両部門において取り組む各般の事業群を実施することで中心市街地において実現を目指す目標を確立し、すべての事業をこの目標実現の手段として編成すること。事業を計画するにあたっては当然のことです。

 もちろん、「一体的推進の目標」は“これを実現すれば商店街・中心市街地の活性化が実現する”という目標であることが絶対に必要です。ところが。

 多くの計画を見ますと「一体的推進の目標」としてたとえば
①歴史と景観を活かしたまちづくり
②太陽と緑のまちづくり
③人と地球に優しいまちづくり
などという荒唐無稽が書き連ねてありました。
こんな決まり文句を並べて、これらを目標に本気で事業を企画し・取り組むのか、その結果、中心市街地・商業の活性化は実現出来るのか?

 ゼッタイに出来ませんね。

 当時、中企庁から出された『TMOマニュアル』には、TMOの任務として、
“中心市街地に立地する商店街群をはじめとする商業集積を一個のショッピングモールとして再構築する”司令塔の役割を担う、とされていました。
つまり、「一体的推進の目標」は“ショッピングモールへのコンバージョン”だったのです。

 まあ、このことを理解するには
①プランニングについての初歩的な知識 と
②商業に関する本格的な知識
の両方を備えておかなければならないわけで、つまり、当時の関係者には支援に来た専門家を含めて
①プランニングに関する知識が不足し、
②商業に関する知識も不足していた
と言うことですね。

 さて、総務省による事業総括を踏まえて改正された新・中活法のスキームによる取り組みにおいてこの“不足”は克服されているでしょうか?
多種多様な事業が計画されていますが、それらがことごとく実施され,成功したとして,その暁に中心市街地とりわけ商店街にはどのような情景が見られるか?

 疑問の余地無く、現在、各地の中心市街地が陥っている情景まんまですね。つまり、基本計画は中心市街地活性化を実現することが出来ないレベルで作られている,と言うことであり、恐ろしいことに今日においてもまだそのことを自覚している人は支援専門家を含めてきわめて少ない。

 という情況に今やっと突破口を切開する試行がいくつかの都市でスタートしている。
これが平成23年初夏の中心市街地活性化を巡る我が国の情況です。

 “一体的推進の目標”とは何か? なぜ必要か?
中心市街地活性化基本計画を作っている都市の担当者さんは、あらためて考えてみなければならない時だと思いますが・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ