繁盛店を2割作れば商店街は活性化する

“パレートの法則”ウイキ参照:

・売上の8割は全顧客の2割が生み出している。
・売上の8割は、全商品銘柄のうちの2割で生み出している。
・売上の8割は、全従業員のうちの2割で生み出している。
・成果の8割は、費やした時間全体の2割の時間で生み出される。
・故障の8割は、全部品のうち2割に原因がある。
・所得税の8割は、課税対象者の2割が担っている。
・全体の20%が優れた設計なら実用上80%の状況で優れた能力を発揮する。(以上、ウィキ記事を字数の都合で編集)

 という経験則を援用、仮説として、
・商店街は2割の店舗を繁盛させればそれを全体に波及することができる
と置き、これを計画期間中の“目標”にするというのはいかがでしょうか?

 キラリ輝く繁盛店、商店街の全体数のうち2割のお店が変わればその影響が全体に及ぶ、という仮説です。
もちろん、商人塾に参加しなかった各個店、手をこまねいていても繁盛するということではありません。2割の店が繁盛を実現していくプロセスで後に続く努力が必要であり、それを助長する施策・支援が不可欠です。

 キラリ繁盛店づくり=商人塾は3年間の取り組みで、商店街の既存店舗中、2割のお店の繁盛再構築を目指す。
このため、3年間の商人塾実施期間中で3割の店舗の参加を実現する。

 商人塾3年間の取り組みに3割の店舗に参加してもらい、参加店から2/3の繁盛店を実現する。これが数値目標です。このとき、商人塾は中心市街地活性化の目的である都市機能の活性化&経済活力の向上を実現するための具体的な目標の達成を目指す取り組みであることを確認してください。

 これを数値目標にするには、まず第一に、商人塾が2/3以上の割合で参加店舗の繁盛を実現できることが必要です。
これを可能にする客観的な繁盛店作りのノウハウが整備されていてはじめてこれを“数値目標”として掲げることができます。

 その前に、問題は商人塾を3年間継続して取り組むことができるかどうか。
これがこれから本気で商店街を活性化する、しなければならないと考えている皆さんが取り組まなければならない共通課題です。


□ 個店の繁盛実現への支援はなぜ必要か

 ハード整備やイベントに使うお金は惜しくないが、勉強にだけは使いたくない、ということでもないでしょうが、「繁盛店づくり」にはコストがかかることを理解できない人が多いようです。
中には儲かるためだから個店単位で取り組むべき、という意見もありますが、これまで取り組んできたソフト・ハードの事業は全部“儲けにつながる部分は個店ごとに取り組む”という立て前で実施されてきたことを考えれば、「儲かる店づくり」を個店に任せることはできないことはすでに明らかです。

 いつも申し上げているとおり、個店は商売が続けられなくなれば閉店する以外にありません。閉店すれば一件落着です。
しかし、商店街の方はそうはいきません。「店じまい」が一店出るとその分、商店街のショッピングの場としての魅力は損なわれることになります。そうしますと、「空き店舗対策事業」の対象になっていきますが、空き店舗を開店・永続させるのは難しいことは各地の実績に示されているはずです。

 ということで。
わざわざ空き店舗になるまでは放置しておき、空き店舗になったらやおら対策を打つというのはおかしな話。商人塾などキラリ繁盛店づくりの取り組みは、実際に取り組むお店の繁盛だけではなくその実現を通じて商店街の活性化を実現するものだ、という共有認識、センスメイキングが無いと難しい。

 そのためには、「成功事例」が見たい、というのが大方の希望でしょうから、成功事例についての情報の収集は不可欠です。情報はどこにあるか?
当社が整理していますので、必要な人はどうぞ。
 なお、今年は関係各方面にお願いして成功事例の視察会ができれば、と思っています。

 本論に戻りまして。
ともかく、一日も早く有志を糾合して繁盛店作りに取り組んでもらう、成果を関係各方面で共有して次のステップにつないでいくということは、キラリ繁盛店作りに限らず、商店街活性化を実現しようとする都市にとって喫緊の課題です。
繁盛店を作り出すことは、当の個店のためだけでは無いのだ、ということを確認しておくことが必要です。
既存個店の自助努力以外に商店街活性化の担い手はありません。

 活性化への努力を商人塾に集中、3~5年間は継続する、という意思決定が必要ですが、さて、あなたのまちでは実現できそうですか?

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ