“専ら基盤整備などの周辺事業にとどまり・・・”

 平成18年9月8日、中活法の改正に伴い法第八条の規定により閣議決定された『中心市街地の活性化を図るための基本的な方針』(以下「基本的な方針」)に示されているこれまでの“中小小売商業の活性化のための取組”についての記述です。
(P11)

 次のように続きます。
“・・・・、中小小売商業としての競争力の根幹である業種揃え・店揃えの最適化に関する取組が不十分であった(以下省略)

 資料を見ていただくとお分かりのように、この記述は、中小小売商業高度化事業に関する「基本的な方針」の一部として書かれています。これまでの取組は高度化事業を含め、専ら「業種揃え・品揃えの最適化」以外のところで行われてきた。“中小小売商業の競争力の根幹である業種揃え・店揃えの最適化に関する取組”がおろそかであった、その結果、商店街の活性化を達成することができなかった、ということです。

 「業種揃え・店揃え」を競争力の根幹と位置づければ、商店街活性化は当然、この取組を中心として展開されることになります。
この事業が中心であるとすれば、その他の事業、『基本的な方針で指名されている基盤整備事業ばかりではなく、イベント事業なども同様に「周辺事業」ということになります。
イベントにいくら熱心に取り組んでも「業種揃え・店揃えの最適化」にはつながりませんから。

 さて、問題は、中活法に基づいて閣議決定され公表された『基本的な方針』によって、このような重大事項が指摘されているにも関わらず、多くの都市の取組が未だに“専ら周辺事業にとどまり”、本丸である「業種揃え・店揃えの最適化の取組」については、ほとんど一顧だに払われていない、ということです。
(官邸も基本的な方針において適切にもこのような指摘をしておきながら、基本計画の認定にあたっては、どうも「業種揃え・店揃えの最適化の推進」という本丸事業についてしっかりチェックされたのかどうか、身近な基本計画を参照してみましょう。)

 極論すれば、「周辺事業」についてはこれでもか、といわんばかりに多種多様な事業がラインアップされていますが、「中心事業」であるべき「業種揃え・品揃えの最適化」については全くといって良いほど取組が計画されておりません。
こう言うことでは、またしても近日、“取組はもっぱら周辺事業にとどまり・・”と総括せざるを得なくなるのではないでしょうか?

 「業種揃え・店揃え」とは何か?
商店街の業種構成を調査して、欠けている業種を発見、これを空店舗に誘致する、というレベルの話ではありません。
商店街が商業集積として対応を目指す(吸引する)特定の購買行動について、街ぐるみの品揃え・サービスミックス・ショッピング環境をアレンジして提供する、ということが「業種揃え・店揃えの最適化」です。「テナント・ミックス」と同義です。
(※これは商店街活性化にとってもっとも重要なキーワードですからしっかり理解しておきましょう。)

 街ぐるみで消費購買行動のある傾向に対応する、ということですから当然、既存各個店の業容についても「最適化」の対象になります。商店街が実現を目指すショッピング行動への対応という取組は、既存個店の業容(品揃え・サービス・店内環境)の再アレンジという課題への取組を含むのです。
ここがスッポリ抜け落ちていたのがこれまでの商店街活性化の取組でした。“競争力の根幹”を環境の変化に対応してアレンジする、という作業をすっぽかしていたのですから、買い物客が増えるはずもなく、買い物客以外の来街者もだんだん減っていつの間にか元の黙阿弥、その間もまちなみはどんどん櫛の歯が抜けるように・・。

 ということで、本日のテーマ。
中活法のスキームで商店街・中心市街地活性化にを実現したかったら、法とならんで『基本的な方針』は必携です。もちろん内容をしっかり理解しないと宝の持ち腐れですが、理解するためには「商業理論」を装備しておかなければならない。
装備せずに読んでも“何を為すべきか”は分かりません。

 “中小小売商業の競争力の根幹は業種揃え・店揃えの最適化”と頭に入っても、これはテナントミックスという概念のもとでショッピングセンターも取り組んでいるのではないか、そういえばショッピングセンターも核やサブ核を除けばほとんど中小店舗の酒豪だし・・・、そうすると商店街的テナントミックスとショッピングモール的業種揃え・店揃えの最適化」とはどこがどう違うのか?
といった疑問も解明しなければならない。ですよね?

 そうすると、そもそも我が中心市街地活性化基本計画の作成に参画した各方面の皆さんは、はたして所要の理論を装備していたのかどうか。専門家といて招聘されたプランナーさん方を含めて“専ら周辺事業”の専門家だったのではなかったか、という疑問が扶助します。

 折から各地で基本計画の見なおしが着手されているようですが、見直しにあたっては是非『基本的な方針』のレベルまで立ち戻り、“業種揃え・品揃えの最適化”をどう実現するのか、という根幹となる課題について「見通し」を持ってから作業に入っていただきたいと思います。
ちなみに当社は、「見通し」を持つための作業として次の機会を提供しています。

『中心市街地活性化実現の方法と方向』12時間の座学です。郊外型商業全盛時代に商店街・中心市街地活性化をアレンジしようというのですからこの程度の勉強は当然、いままで勉強ゼロで取り組んでいたのがどうかしていました(W

 理論を装備せず、専ら周辺事業にお金を突っ込むことで商店街・中心市街地活性化を実現しようというのは、百年経っても実ることのない手前勝手です。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ