FC2ブログ

魅力ある店づくり

 新旧、いずれの基本計画にの必ず掲げられている目標ですが、省思考で取り組むと、これまでのモロモロ同様、看板倒れに終わる可能性が高いです。
“原点に変える”“商店街の魅力とは突き詰めれば個店の魅力だ”と着眼は的確ですが、そこから省思考状態でさっそく「魅力創出」に着手してしまう。
何が実現しなければならない「魅力」なのか、という考察過程は省略。
○街並み景観にマッチしたファサードづくり だったり、
○おもてなし とか ご挨拶 とか
○一店逸品 とか ポイントカード とか。

 「魅力ある店」というとき、その魅力とはなにか?
取り組みの目的からして、“買い物行き先として”「魅力のある店」であることは万人が認めるところですが、もう一歩踏み込むと、さて、どうでしょうか。
総論は賛成、しかし、着手段階になるといろいろ路線が違ってきそうです。

「魅力ある個店づくり」まずは取り組みやすいところから、ということで、内容不問、店舗の現状を何でも良いから改善しよう、やらないよりやった方が魅力が増す、という理屈も出てくることでしょう。

「差別化」、「一店逸品」はもちろん、「おもてなし」や街並み景観整備をかねて「ファサード事業」に取り組む、ということも大いにあり得ます。

 小売店舗の魅力とは、第一に“ショッピング客にとっての魅力”でなければ意味がありません。小売業は、お客の生活づくりに必要な材料を提供するという機能を果たすことを営利機会としています。お客が小売店に期待しているのは、「買い上げ、持ち帰り、生活で使う」商品が揃えられていること、ですね。

 “あの店に行ったら「買い上げ・持ち帰り・使う」ときっと満足できる商品が入手できる”、という期待がお客をお店に向かわせる「来店動機」です。
この「期待できる」ことこそがお客にとって「魅力ある店」というコトバの意味するところです。
もっと掘り下げれば、ショッピングのプロセスで“適切なサービスが受けられる”、ショッピングの間中、不快なことが起こらない、“快適な環境がしつらえられている”ということも「来店動機」を堪能するために欠かせない条件です。

 「魅力ある店」とは、お客から見た“ショッピング行き先として期待できる店”“行ってみたい店」であり、“常連になりたい店”ですね。

 「魅力ある店」づくりとは、「お得意さんが増える店づくり」が目的であることを確認し、品揃え・サービス・環境の三点セットを「お客から見たショッピング行き先」として作り上げていくことを意味します。
けしてお店の現状に何かを足したり・引いたりして「魅力を増やす」ことではありません。

 まず、「魅力ある店」とはどういう店のことか、ということをキチンと理解したうえで“出来ることから着手する”わけですが、それは必ず「あるべき三点セット」を実現する漸進的・連続的な革新として取り組まれることが必要です。

 出来ること、細々としてことから着手するのは結構なことですが、ネライはなにか、道筋はどう付いているのか、ということが理解されていないと、一過性の取り組みに終わります。

 これはファサード整備事業のような、組織的な取り組みの場合も同様です。

【商店街・起死回生】で、ファサード整備事業に取り組んでいます。組織的に取り組む総合的な「魅力ある店づくり」を牽引していく事業として最適ですが、成功するには相応の工夫が必要です。

 ちなみに当社はファサード整備事業を軸に商店街活性化の実現に必要な事業をコーディネートする、という得意ジャンルを持っています。


 「魅力ある店づくり」、「賑わい創出」とともにこれからますます飛び交うコトバですが、しっかり意味を考えておかないとまたもや無駄な踊りを踊るだけで終わってしまいかねません。
商店街活性化、つまり魅力ある商店街づくりですが、これまで全国各地で一斉に取り組んできたが、ことごとく実らなかったという苦い経験を踏まえるなら、前後左右をしっかり考える・自分のアタマで考えた取り組みでないと、自店の命運は賭けられない、ということを肝に銘じて取り化かかっていただきたい。

自分のアタマで考えるとは:
○それに取り組めば本当に儲かる店になるのか?
○儲かる店を作るために、もっとやるべきことがあるはず、それは何か?
を考え、
○それを店で実現したら、お客はどう動くか? お客の満足に同つながるか?
を推測すること。
この仕事は、あなたがやらなければ、誰も代わってやってくれる人はありません。
「自力思考」&「自力試行」でがんばるのみ。



ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ