FC2ブログ

地場中小小売商業の地域経済そしてわが国経済における位置

 昨日の記事にも書きましたが、商店街活性化を本気で実現したかったら、なにはさておき、そこに立地する個店群の店舗運営に必要な「基礎体力」を現代風にアレンジ(整備改善)しなければならない。
基礎体力は“経営意欲、問題解決能力、必要な知識・技術”の三点セット、このうちどれが欠けても、あるいはバランスが乱れても商店街活性化の基盤ともいうべき「繁盛店」を作り、維持することは出来ません。

 個店経営者の基礎体力の現状はもちろん様々ですが、一言で言ってしまえば、経営を長期的に安定成長させていくために必要なレベルは達していない、と言わなければならない。
個店に対する支援、とりわけ、「基礎体力の整備・改善」という課題に対する支援を体系的・計画的に行わなければならない理由がここにあります。

 もちろん、この支援の必要性は、現在~将来の都市経営において商店街というショッピングの場の存続が必要である、跋扈する郊外型商業では商店街の役割を代替することは出来ない、という事実が前提になります。茨城県下妻市に住んでいるゴシックロリータ一筋の深田恭子が青山まで通うのを近所の農家のお父さんが“なんで?、イオンに行けば何だってあるのに?”とたずねるシーンがありますが、このお父さんにとっても商店街は必要かどうか?ということですね。

 なんでも揃っていて便利この上ないイオンがあるのになぜ陳腐化・劣化・空洞化している商店街を活性化しなければならないのか? あまつさえ、そこに立地している各個店の基礎体力のアレンジまで手助けしなければならないというのはどういうことか?

 という疑問を抱く人は少なくありません。
疑問への答えは、商店街が無くなると高齢者がこまる、地域コミュニティの担い手だ、せっかく整備したインフラが無駄になる・・・、などなどたくさん用意されていますが、こんなことをどれだけ並べても商店街活性化にとって何の足しにもなりません。

①“高齢単身世帯の買い物難民化”という問題は商店街の有無に関わらず起きています。
②「地域コミュニティ」が何を指すのか不明ですが、コミュニティ=地域住民の共同性の変化はもっと深いところで起きていることであり、商店街の存続がコミュニティを担保しているという関係はありません。
③整備されたインフラを活用する、というのは当然あるべき話ですが、それを根拠にさらに整備を拡充し、結果、整備が整備を呼ぶ、これまでにも増して投資が敢行されても商店街の活性化が進むどころか全く逆に空洞化が進むばかり・・・。

 こういう理屈で活性化に取り組んでいると、当然のことながら商店街の活性化は実現せず、さらにさらに“イオンがあるのに何故商店街に肩入れするのか?”という疑問を招き、あらぬ弁解をくりかえし・・、という堂々巡りを続けているわけですが、金の切れ目が縁の切れ目、“イオンがあるのに”という疑問に答えきれないレベルの活性化論による取り組みはそろそろ終わりに近づいています。
 
 あらためて考えてみますに、商店街は何故必要か=地場小売商業は何故必要か?“イオンがあるからいいじゃないか”という疑問への解答は用意されているでしょうか? 

 この、当然投げかけられる疑問に対するきちんとした解答はこれまで用意されておりません。
用意されていないと言うことは、何故活性化しなければならないのか、本当のところ、つまり、地場小売業・商店街の役割が理解されていない、ことを意味しています。
商店街の役割を理解せずにその活性化を実現する、というのは通常は考えられない問題へのアプローチですね。

 ということで。
本来ならとっくに整備されていなければならない、“商店街は何故活性化しなければならないか”について、地場小売商業とその集積としての商店街が地域経済及びわが国全体の経済において果たしている役割を解明することで、将来にわたる商店街の必要性を論証し、併せて“活性化の実現可能性”とそのシナリオを提供する、という仕事が必要です。

 商店街活性化に関わる皆さんにとって何としても成案を得なければならない課題ですが、不在のようです。

 もの余り・店あまり時代における商店街活性化の必要性をきちんと論じるには、小売業経営のみならず、社会経済の基礎的な領域から自由貿易・いま流行りのTPPまで、概観しておかないと任務を果たすことは出来ないと思われます。
標題についての解明、いつだれが提出するのか。
まずは「問題意識」を持っていないと解明作業のスタートさえ出来ないのですが・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ