個店の基礎体力の強化はだれの仕事か

 商店街活性化。
ソフト&ハード多様な施策が展開されていますが、最終的な成果は立地する各個店のシャッターの内側・つまり「売場」が活性化しなければ得られません。
個店の売場がお客から「自分にとって買い物の場」と認められ支持される、そういうお店が次第に増えて街全体が買い物客で賑わうようになる、こういう情景が実現したはじめて商店街が活性化された、といえるわけですね。

 したがって、商店街活性化のための施策は、ソフト・ハードのいずれであれ、その事業に取り組めば個店の売場のかっせえいかが実現する、という見通しのもとに取り組まれなければならない。
シャッターの外側の事業に取り組めばその結果として自動的にシャッターの内側=売場がショッピングの場として充実する、ということはありません。

 そこで問題はシャッターの内側のこと。
外側の取り組みに呼応して内側では来街客を入店客・買上客・固定客と変化させていく仕組みが仕掛けられているでしょうか?
仕掛けられていませんね。
だって、そういう仕掛けが必要だと分かってもどう仕組んだらいいのか、ということは分かりません。やったことも勉強したこともありませんので。

 したがって。
商店街を本気で活性化しようと思うなら、まず第一に判断しなければならないのは、我が商店街の各個店は、シャッターの外側の取り組みを内側に取り込み、今どきの来街客を自店のお得意さんに仕上げていく技術を持っているだろうか、ということです。
もちろん、個店の多くはそういう能力を持っていません。だって、そんな機会はこれまで無かったのですから。

 ということで、商店街活性化を実現したかったら、なにはさておき、まずは各個店に得意客作りに必要な基礎体力を修得させる機会を設けなければならない。

 という話を聞くと、未だに“個店が儲かる支援は出来ない”という人がいます。
なにをおっしゃるやら、これを見よW
『個店支援という課題』
http://quolaid.blog13.fc2.com/blog-entry-899.html

 個店を支援するのはけして個店のためだけではありませんからね。儲かる店を増やさないといつまで経っても商店街の補助金からの離陸が出来ません。
本当に商店街を活性化したかったら、一にも二にも繁盛店を続出させること。そのためには個店内部の適切な取り組みが不可欠であり、適切な取り組みを取り組むには支援・誘導は不可欠だということを理解したところから順に活性化への道を歩き始めることになります。

 今年度は全国各地で取り組みがスタートしました。
来年度はさらにおおくのスタートがすでに予定されています。あなたの街は如何ですか?

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ