禍いを転じて福となす

 商店街活性化への道。
全国的に本格始動の時を迎えているところが増えてきました。
もちろん、当社がいう商店街活性化とは「ショッピングゾーンとしての再構築」ですから、誤解なさらないように。と言うか、常連の皆さんには日ごろから納得して頂いている、当サイト基本中の基本ですが、念のため。

 活性化への道は、激変した環境が「プラス」になるポジションを発見(創造)し、現状からそのポジションへの移動の道筋を描き、歩むことです。

 もっとも大事なことは、「ポジションの発見」であることはいうまでもありません。経済のグローバル化、郊外型大型店の展開、人口構造の変化、購買行動のシビア化などなど、商店街(小売業全般)にとって「マイナス」ととらえられがちな与件の変化を“イヤ、それらは全部商店街にとってプラスだ”と言いきれるポジションがちゃんとありますからね。

 さて、繁盛店づくり=お客に見える店づくりと並行して当社が取り組もうとしているいくつかのプロジェクトがありまして、例えば指導にあたる支援スキルの育成だったりしますが、中でもこれから着手するほやほやの課題がありまして、「国産品愛顧運動」とも言う言うべき、“商店街では出来る限り国産品を売ろう”というキャンペーンです。キャンペーンと言っても、実際に個店の品揃えについて、代えられるものは国産品に変えていこう、と言うことで直接お店の経営~繁盛店づくりに結びつく取り組みです。

 従来国内生産でまかなっていた商品を輸入するということは、とりもなおさず、国内産地・メーカー、流通チャネルを直撃する所業です。結果として雇用を損ない、裁量所得を減らし、購買力を劣化させる、だれが見てもそうですね。にもかかわらず、大手流通企業の多くは、消費財の輸入に専念しています。だれがもっとも低価格を実現できるか、と言うところに競争が集中していますからね。
バカみたい。

 商店街活性化への道は、お店の見える・化だけではもちろん実現できません。業容三点セット=品揃え・サービス・環境のうち、お客にとってもっとも重要なことは来店目的そのものである・自分の生活に適切な商品=生活のパーツを入手することです。

 先日、経産省の調査を資料に「消費購買の二極分化」について論じましたが、二極とはコスト・コンシャスVSパフォーマンス・コンシャスですね。前者の購買についての関心は購買行動が終わった時点で次の消費へと向かいますが、後者は違います。購買行動が終わり、商品を実際に生活に組み込んでから商品の吟味が始まり、今回の消費購買行動の結果・パフォーマンスが厳しく吟味されます。

 パーフォマンス・コンシャス、すなわち、自分が思い描く生活を演出し、堪能したいというニーズに、適切に対応する適性を持った商品を購入すること、今日、このニーズを的確にとらえて、これに対応することを事業機会として定義している企業はほとんどありません。唯一、我が個店経営研修事業及びクオールエイド流商人塾に参加している中小小売・サービス業者の皆さんだけが自覚的に取り組んでいるポジションです。

 もちろん、この取り組みはひとり個店や商店街の活性化を実現するだけではなく、販路不足に陥っている国産消費財の産地・メーカー、流通経路にある企業の活性化にとっても極めて重要な意味を持っており、ひいては、わが国経済の「成長」にとっても絶対に無視することが許されない政策課題であることも自明です。
何しろわが国GDPの6割以上を占める個人消費がその対象を国産品でまかなうのか、それとも輸入に頼るのか、ということはとてつもなく重要な選択ですからね。

 当社はこれまで幾度と無くこのことを指摘し、商店街の研修などでは力説しています。大方の賛同を得て実践する人も増えていますが、国産品流通の重要性、分かり切ったことだからかどうか、あまり指摘する人がいませんので、あらためて強調する次第です。

 さて、国産品愛顧運動、個店・商店街レベルの仮説~試行と並行して「川上」部門における仮説~試行に着手しなければならない時期を迎えています。いくら商店街で「国産品を扱いたい」と思っても商品が流通していなくてはどうにもなりません。

 新年度は、「国産品愛顧チャネル」の構築に向かうことになります。まずは実験的な取り組みになりますが、既に「リテイル」部門の参加者の確保は目処がついており、これから川上企業の説得です。

 これは「国民運動」ですからねW
立場は不問、面白そうだと感じる人は、参加してください。
当社が直接取り組む意新年度からの事業についてはあらためて告知、賛同・参加者を募ります。

 商店街及び国産消費財関連産業・企業は、「商店街活性化への道」を目指すことで“グローバル化時代の成長産業・企業”へと転進することが可能です。
その時、異口同音に出るであろう言葉が“世の中が変わって繁盛が再現できる!”。今まで「マイナス」とばかり思っていた変化が実は「プラス」のポジションを準備していることに気付くと、世界は変わって見えてきます。
希望が生まれ、知恵が沸いてくる。
「福」の源はすぐそこにありますが、それをものにできるかどうかはあなたの眼力すなわち眼が装備している理論次第。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ