承前・「新・中活法」というスキーム

(続き)

 改訂に至る問題意識としては、いうまでもなく旧・中活法(整備改善・活性化法)のスキームに基づいて立案された計画~実践が目的達成にほとんど無力だったということ。
活性化するどころか、だれの眼にも明らかとなるレベルで空店舗の増大など空洞化の進展が事業に取り組んでいるほとんどの中心市街地で見られました。

 これではならじ、ということで開催された新・中活法は、“もはや商店街は商業施策だけは活性化できない”という「統括」のもと、「都市機能の増進」によって“住む人・来る人”を増やし、店前通行量を増加させることで事業機会を増やすという方向への転換を目指しました。モロモロの施策の成果として「通行量」を増大させること、が商店街活性化の決め手というわけです。
当サイトで批判している藻谷さんなどが国会の委員会に出席して“中心市街地を活性化するには住む人・来る人を増やす施策を講じなければならない”などと自説を展開していました。

 新法では、これまでにも増して非・商業の集人設備等の整備や交通機関の整備、市街地の整備改善などが正面に押し出され、マンション建設、コミュニティ施設の整備などが進められました。
その結果、何がどうなったか?
旧法時代に顕著となっていた空洞化趨勢に歯止めがかかるどころか、都市によってはいっそう加速する様子さえ見られるようになっています。

 “これさえ実現すれば通行量が増える”として取り組まれた施設の整備、竣工してみると「回遊性」はほとんど発揮されません。中には当の施設自体の存続すら危ぶまれるという事例もあるようです。

 これはどうしたことか?

 基本的な方針には“中小小売商業者の競争力の根幹は業種揃え・店揃えの最適化”と明記してあり、さらに、“これまでの活性化の取り組みが効果を挙げられなかったのは、もっぱら周辺事業に努力を集中し、業種揃え・店揃えという中心的課題への取り組みを軽視してきたから(要旨)”とされています。
なんのことはない、“もはや商業施策だけでは商店街は活性化できない”のではなく、“周辺事業に集中しても商店街は活性化できない”というのが国の「基本的な方針」の問題意識、当サイトではこれまで繰り返し指摘していますが、「高度化事業」は、業種揃え・店揃えの最適化を実現する手法としてあるのであって、ハコを作ってその中に旧態依然たる各個店を入れることが行動かではありません。

 というあたりについて、無知なプランナーさんは、支援制度を利用してハコものを作れば人が集まり、集まった人がとおりを回遊し、個店に入り込み、買上客になる、と何の根拠もなく思いこみ、箱作りならお手の物、右から左へ計画完成、支援制度が支障無く使えるように、いろいろと粉飾を凝らした計画の一丁上がり。
基本計画作成支援の業務実績とは、つまり、こういうことですね。

 さて、みごと施設は竣工したものの、肝心の商店街への回遊は発生せず、例外的に通行量の増加が見られるようになったところも通行人から来店・買上客への転換はほとんど起こっておらず、結果、上述のとおり、商店街の疲弊は進むばかり。

 ということで。
「基本的な方針」に用いられている言葉を使えば、商店街をホンキで活性化したいと思うなら、なにはさておき、「中小小売商業者の競争力の根幹」である「業種揃え・店揃え」の最適化の取り組みに経営資源を集中しなければならない。
このことが腹の底から理解できないと、いつまで経っても従来の取り組みのレベルから抜け出すことはできません。

 さて。
「業種揃え・店揃えの最適化」とはいったい何を意味するのか?
これは“空店舗活用事業で商店街に欠けている業種を誘致する”などというレベルの話ではありません。
業種揃え・店揃えとは、ある特定の消費購買行動のターゲット・行き先としての「品揃え」「商品構成」が街ぐるみで実現されている、ということを意味します。このように特性の消費購買行動の受け皿となる「業種揃え・店揃え」を実現することが正真正銘の「商店街活性化事業」です。即ち、商店街活性化事業とは“商店街を群を一個の商業集積と見なして、個店経営を超えた品揃えを実現していくことを意味します。
したがって、既存個店群も商店街が目指す商業集積の「見なしテナント」としてその「業種揃え・店揃え=品揃え」の一翼を担うべく「店づくりの転換」に取り組まなければならない。
もし取り組まないお店があると、せっかく「商業集積」全体で集め、回遊するお客が自店に来てもらえません。

 この取り組みを担うのが「キラリ繁盛店づくり」です。

 ということで。
“ハコを作って人を集めれば街が賑わうようになる、集まった人が回遊してお店で買い物をしてくれる”
根拠無き仮説」に基づいて、あれこれのハコを作り、イベントを企画するという没理論的「活性化夢想の道」とはキッパリ絶縁、断固として「繁盛への道」を実践しなければならない。
まずは「ハコもの」提案しか出来ないプランナーとは縁を切らないとどうにもならないのではないか、というのが率直な結論ですが、皆さんの結論は如何でしょうか。

 縁を切るのはいいが、代替者はいるのか?
適格のプランナーが招聘できるのか?確かに大問題です。
大問題ですが、“プランナーの適格者がいないから箱作りで行く”ということにはならないでしょう。

 紹介した事例のように、自分たちで道を切り開いていく、プランナーには必要な指導を行う、というのは現段階では一つの選択肢かと思います。その場合、課題は「適切な理論」を装備すること。
当サイトはそのための選択肢の一つ、あなたがその気になって取り組めば、商店街・中心市街地活性化への新しい可能性を開拓することが出来ます。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ