FC2ブログ

商業・商店街活性化スキームの変遷

(承前)

 今は昔、各商店街は補助金をもらって「商店街活性化構想」を作りました。これには「高度化事業」の構想を盛り込むことが期待されていました。ご承知のとおり、商店街活性化構想の作成~支援施策は、大店法の改正(出店条件の緩和)と相まって提供されたもの、大企業との「規模と資本の格差」という状況において事業機会を維持するため、「高度化事業」に取り組むことが奨励されたわけですね。折しも高度化事業に取り組む組合が減少傾向にありましたし。

 「商店街活性化構想」を作成した商店街組織(商店街振興組合)が、趣旨をたいして構想記載の高度化事業に取り組んだかといえば、なかなかそうはいきませんでした。理由はいろいろ。

 このような状況で新たに作られたのが旧・中活法=「整備改善・活性化法」です。その狙いは、「商店街活性化構想」のスキームで実現できなかった「商店街活性化」を推進すること、具体的には「高度化事業」の取り組みを促進することでした。

 各地で作られた中心市街地活性化基本計画には「高度化事業構想」の作成が義務づけられ、構想を作成したもの(高度化事業構想者)が「TMO」という仕組みです。
(このあたりの経緯を理解しておくことは中活法が改正された現在でも重要です。)
中活法のスキームでは、「中心市街地」で取り組まれる高度化事業を始めとする商店街・商業活性化事業に対して従来とは格段の支援措置が講じられることになりました。
“もはや商業活性化は個別商店街単位での取り組みでは実現できない、面的取り組みが必要だ”ということも強調されました。

 “バスに乗り遅れるな”ということで、基本計画がどんどん作られ、新たな支援スキームに基づく「補助事業」をどんどん掲載、関係者の合意など条件の整ったものから着手する・・・。

 基本計画には、先に各組合単位で作成していた『商店街活性化構想』所載の事業を一括掲載する、という作り方もあったようです。
“計画に上がっていない事業は支援対象にならない”という話でしたし・・・。
これに加えて、折から突発した商店街所在の大型店の撤退に伴う「空地・空店舗を利用した核施設の整備」が基本計画の「商業等の活性化」の骨格でした。付随的に「イベント」とかありますが、そもそも核の整備とイベントを同列に論じるというのが計画作成にあたった関係者の問題意識の在処等々を証している。

 “一体的推進の目標”も「百花斉放」的グタグタでした。基本計画記載の全事業に一斉に取り組んでも、実現できないレベルの「目標」が羅列されており、今、読んでみると恥ずかしくなるかも、です。

 ということで、“面的取り組みが不可欠だ”という認識をもとに計画したということですが、実際の計画は「高度化事業構想」的・単位商店街の枠と相性のいい計事業が多かったようです。
そもそも「何故面的取り組みが必要か、そもそも面的取り組みとはどのような取り組みか”ということがまじめに検討された形跡も出来上がった計画を見る限りありません。

 というように経緯をさかのぼって検証すると、旧計画による商店街活性化の取り組みが奏功しなかったのも当然の結果だった、と総括されることになります。

 ここから「改正・中活法」の登場、これに基づいて作られた基本計画の内容と取り組んだ結果の総括、見直しの課題と話は進んでいくのですが、今日はここまで。
ちなみに、新計画を見直すにあたっては、今日の記事の内容は熟読玩味、しっかり理解しておくことが必要です。

“商業・商店街活性化のスキームの変遷”を理解しておくことは、“これまでに構想・実践されたそれぞれのスキームは何故活性化を実現することが出来なかったか?”という当然の疑問に答えるために不可欠、もちろん、“基本計画の見なおし”という直下の問題を成功裡に捌いて行くために不可欠の作業です。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ