小売商業の「一般理論」

 一般理論とは、そのカテゴリーに所属する対象について、例外なく適用可能な理論のこと。ご承知の人にとってはなにを今さら、という類のことですが、何しろ小売商業には「一般理論」がありませんので、念のため、“一般理論とはなにか”ということから共通の土俵を作ります。

 小売商業の一般理論とは、
対象が「小売商業」であれば、
・業種・業態を問わず
・立地・規模を問わず
・店舗の有無を問わず
すべてを説明出来る理論のことです。

 ご承知のとおり、小売業は「経済活動」のうち、消費財の「出口」を担当しています。
「消費」が6割以上を占めているわが国経済において、その「出口」である小売業の機能について現状を理解しておくことは、経済政策を論じるに当たっては必要不可欠ですね。
何故か誰も問題にしていませんが。

 商店街や中心市街地の商業振興を論じ、構想するについても「一般理論」は不可欠です。何しろ「郊外型商業」とりわけ広域型ショッピングセンター全盛という状況において、ショッピングセンター登場以前の「広域型商業」である中心商店街を活性化しようというのですから、小売商業一般理論は不可欠、これがないとショッピングセンターも広域型窯業も中心商店街も理解できず、したがってそれらの相互関係を論じることも出来ません。

 小売業とはなにか?
パパママストアから広域型ショッピングセンターまで、ひとくくりにしたとき、小売商業とはいったい何か?
すべての小売商業が共通して備えている要件、他の流通業には無い要件とはなにか?

 いうまでもなく、小売業の「一般理論」はWeb上の小売業についてもその守備範囲に入ります。

 小売商業の一般理論、中心市街地・商業街区の活性化に取り組む行政、プランナーさんは装備しておかないと所要の仕事が出来ません。活性化は夢のまた夢に終わります。

 それにしても。
経済の出口を担当する小売商業について、経済学も経営学もはたまたマーケティング方面も「一般理論」を持たずに役目を果たそうとしていることはちゃんと覚えておきましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ