FC2ブログ

『生物と無生物のあいだ』

“売り場は生きている”

 いつかどこかで聞いたことがあるフレーズですね。
一つのレトリックでありまして、つまり、売り場をあたかも一つの生命体であるかのようにとらえ(観察し)、生物の振る舞いを売り場のあり方に応用する、という店舗経営のノウハウです。
いわれている内容によって、早く処理しないと腐敗する、ということだったり、育てなければいけない、ということだったりするわけで、なるほど、いわれてみればそうだよね、と思った人も多いのではないでしょうか。

 サイトの【理論創発】コーナーでは、「中心市街地の商業活性化」という課題に取り組むために必要な〈商業理論〉の構築を企てていますが、レトリックつまり、枠組みが難しいですね。どういう枠組みでアプローチしたらスラスラ行けるのか?
理論を作って説明する、とは目の前にある誰もが知っていることをあらためて“そのものをそのものたらしめている全体の関係”のなかに居続けることですから、この全体をどうとらえるか、というところが難儀です。

 たまたま今朝起き抜けに読んだ本:
福岡伸一『生物と無生物の間』2007年 講談社現代新書
福岡先生のこれまでの著書はサイトの方で何度も紹介しています。

 読んでいてひらめいたのが、「売り場は生きている」の「生きている」レベルについて、生物学ジャンルの理論、それもこの本で論じられているレベルには学ぶことがたくさんある、ということ。ひらめいた、というのは適切では無いかも。いつもレトリックに関するアンテナは立てているわけで、そこにビビッと来たわけです。
(先生は、ヒラメキについて辛い評価ですが、そこはひとまず措くとして)

 社会的な事象を自然科学系のレトリックを援用して理解する、理論を構築する、というのはいろんなジャンルで毎度行われています。
たとえば経済学のある流派は、その体系のバックボーンに物理学のレトリックを借用し、また他の一派は「生物学的循環」を援用する、というように。

 万物は循環する、という自然界の通奏低音から、循環の生物的特徴~人間的特徴という理解の構造の中で、「店は生きている」という「小売理論」はどのあたりのレトリックに位置づけ(借用)れば理解しやすいか? というテーマをもっていましたので、おおいに参考になりました。

「商業理論」、ぐっと進むかも知れません。
たとえば「品揃えの必要性とその基本的な考えかた」など実践的な課題について理解が進み、その結果として個別・具体的な個店の品揃えの決定~運用についての「知恵」が出て来るようになります。

 ちなみに、「理解できれば知恵が出る」というのが私のモットーでありまして、中心市街地活性化もその全体像を理解すると、本当に必要な知恵が出てきます。
逆に言えば、理解できないあいだは知恵が出ない、ということで、採用される取り組みは、自力思考を欠いた、先生方のご託宣への盲従か、「成功」事例への追随か、ということになりますが、「なぜこの取り組みを採用するのか」というあるべき自問に自答することは出来ません。
こういうレベルで取り組まれる活性化事業なんか、いくら繰り返しても何の足しにもならない、反省材料にさえなりません。“自力思考を欠いた取り組み”の総括です。

 自力思考の根拠は、「すべては疑いうる」ということ。
特に、自分自身の見解を厳しく疑う、批判的に吟味することが、自力思考の基本です。
福岡先生は、科学者が具備すべき要件の一つは、「自己猜疑心」であると述べています。

 本書は、理論についてあれこれ考えている人には、まことに刺激的な内容がふんだんに詰め込まれています。
もちろん「理論」だけではなく、何らかの関心をもってこの本を読む人の、それぞれ固有の問題意識に応じて他ではなかなかえられない格別の刺激を与えてくれる、そういう意味でまれにみる「名著」だと思います。
ご一読をお奨めする次第です。

 私の収穫はサイトの【理論創発】で近日中に。

読んでみようか、で。
ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ