経済における小売業の地位

 不当に貶められており、現状を容認したままでは、中心市街地活性化ひいては全国各都市経営上の戦略拠点である商店街活性化を論じることはできません。

 今、中央線で移動中。
標題について佐世保線上でアップしたつもりでしたが残念。
思い出しつつ後ほどアップします。

 もう一つ。

基本計画の見直しについて。
これはもちろん、これまでの計画作成~~実施についてシビアに総括することが前提になりますが、この総括はなかなか難しい作業になります。
どのような視座について総括作業を行うか。

 関係者のアタマの中が従来通りのスペックのままでは従来的な総括しかできません。
リーマンショックとか高齢化の進展とか。

 基本計画の見直しあるいは新たな作成を目指す人は、今秋、是非とも「新しい視座」を確保するという課題に取り組んでいただきたい。遅かれ早かれ必ず取り組まないと先へ進むことができない課題だということを理解したら、臆病風やら怠け癖やらに出る幕を与えることなく、エイヤっと踏み出してください。

 新しい取り組み、目に見えるようになった時点では2年の遅れが生じます

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ