商店街活性化の成功法 (番外編)

 それを生業とするtakeoがいうのも何なんですが。

 皆さん、商店街活性化を成功させるには、
“優れた指導者を確保しなければならない”
というのは、共通の認識ですよね?
指導者といえば、商店街のリーダーさんと紛らわしいので、以下、いつもの通り、“プランナー”と書きましょう。

 何故優れたプランナーが必要か?
もちろん、これまでの関係者だけでは活性化を実現できないからですね。
出来るなら、少なくとも全国に何カ所かは成功事例、「繁盛への道」を走り出している商店街が出てきているはずです。
何しろ全国で、何しろ数十年にわたって取り組んでいるわけですから。
プランナーが必要だということはよろしいですね。
ひるがえって考えてみますと、基本計画作成以来今日まで、あなたのまちはプランナーさんとのおつきあいがありますか? 計画作成を支援してもらったプランナーさんはその後どうしていますか? たまには顔を見せていますか?
見せていませんね。まあ、その程度のおつきあいの中で大事な「基本計画」を作ってしまったわけですね。
まあ、今さら言っても詮無いことですが、見直し以降への戒めとして。

 さらに。
“プランナーと意見が対立、どうしても解消しない場合はプランナーの意見を採用しなければならない”
これも当たり前のことです。少なくともプランナーにとっては。まあ、あまり口に出すことはないでしょうけどね。
そのために日ごろのおつきあいがあるわけです。
もちろん、この場合、相手は“優れたプランナー”であることは大前提をお忘れなく。

 “プランナー”と“プランナーが必要な商店街”の意見が対立、どうしても解消しない場合、他に取るべき方法はありません。それとも自分たちの意見を押し通しますか?

 ここに至るまでにはお互い、相当に議論を交わしているはずです。プランナーは“優秀”ですから、意見の違いが解消できず、それでもなお自分の意見を押し通せば何が起こるかということくらいはお見通し、それでも自説を通そうとする場合、“そこにはそれだけの理由があるに違いない”と考えなければならない。
そしてそれを尊重しなければならない。

 まあ、そういう相手をプランナーとして確保しないと取組の成功は期しがたいということですね。
特に、「成功事例」がまったくといって良いほど見見られない現段階で、「活性化への道」を切り開いていくということは、“前人未踏”の荒野を突き進んでいくようなもの、案内人が必要です。
案内人と案内されるあなたとの間で意見が分かれたとき、どちらの意見を採用すべきか、と考えてみれば簡単です。

 中には、“商店街活性化はそこに住んでいる住民の仕事、待ちのことを一番よく知っているのは住民だ。コンサルタントは必要なときだけ呼んで意見を聞けばよい”などと暴論を吐く人がいます。
“街に住んでて街をよく知っている”と“活性化の方法と方向を知っている”とはまったく違うことですからね。
プランナーたるもの、そういう意見が大勢を占めているようなところは敬遠します。

街のことなら誰もよく知っている人たちと思っている人たちが、行き詰まってからコンサルタントを招聘、その意見を聞いて素直に聞き入れるわけがない。何しろ相手は“いろいろ勉強しているかも知れないが、この街のことを知っているのは俺らの方”という姿勢ですから。

 街のことを知っているからといって「商業」を知っている訳ではないし、「お客」もその「ショッピング」も分かっている訳じゃないし、もちろん競合するショッピングセンターその他についても「買い物客」として利用したことがあるだけ、という惨状のはず。
 
 いろいろ書き連ねてみましたが、生業として赴くプランナーさんも大変のはず、意見が対立し押し切られるたびに「訣別」が待っているわけで、訣別ばかりでは生業が成り立ちません。だからといって妥協すれば今日はなんとかなっても明日の生業は成り立ちません。

 漁師の生業、“板子一枚下は地獄”とは今でも聞かれることですが、考えてみれば一歩間違うと地獄への道、というのは誰かに限られたことではないかも知れません。

 お互い、道を踏み外さないように、特に「商店街・中心市街地活性化」という未だかって成功者の無い、前人未踏のみとを仮説~試行の連続で踏み渡っていかなければならない場合、組織の内外、都市の内外にいろいろと気配り目配りが必要なこと、もちろん重々ご認識のとおりです。

 あれ、今日はなんのお話しだったかな(笑

 プランナーは生業を賭けていますが、皆さんは失うものは何一つありませんし。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ