商業理論の習得と実践の積み上げ モデル事例

 先日アップした「活性化に向かう商店街」のモデルの仕様の素描は、ある検討会に提出したレジュメ原稿の一部です。
内閣府の総括報告とは別にすでにこういう論議が始まっていることを確認しておいていただきたいと思い、紹介しました。
モデルの実現は喫緊の課題ですか、実現したからといってモデル追随を目指す皆さんの取り組みの苦労が軽減されるものではありません。モデルは“理論武装の不可欠性”を突きつけるものになるはず、モデルが歩んでいる“活性化への道”に追随しようとすれば、理論修得という段階を飛び越えることはできません。

 当社がその不在を指摘し、装備の必要を主張しているのは、ご承知のとおり『商業理論』、すなわち、商業を理解するための知識の枠組み、です。
これが装備されていないことが、商店街活性化が道に迷い『集客・集人』を巡る不毛な錯綜が続いている原因だと考えている当社が、考える商店街活性化のモデルは、“理論を装備している取り組みはこうなる”ことを端的に示すものになります。
“こんなに理論修得を普及しています”ということではなく、“活性化しているでしょ、理論に基づいて実践を組み立て取り組んできたからですよ”というわけです。もちろん、当事者たちが“理論があったからここまで来られた”と実感し、公言するはずです。

 今、全国各地で当社が協働している取り組みの多くは、“理論の修得”のための勉強は当たり前、という立場に立っています。
昨日当欄で紹介した講義テキストのレジュメは、今現在取り組まれている実践の一例、習得中の商業理論の一端をご披露したものです。
理論の共有無くして経験の共有なし。“人の振り見て我が振り直せ”は一方向になら共有が無くても可能ですが、双方で実行し変化・活性化を加速する、お互いに相手の実践の成果を自分のものにすることはできません。

 目下取組中のところは、商業理論を学んだことが自店の具体的な改善・繁盛に直接結びつくことを、日々、実感しながらの実践です。その実態をみたい・知りたい人には紹介いたします。

 本日のご紹介:

全国商工会連合会の機関誌『月刊商工会』8月号の巻頭記事「座談会/商店街も商店も、差別化戦略で生き残れ!」に韮崎市商工会田辺指導課長さんが出席、商工会が主導する商店街活性化の取り組みを紹介されています。是非ご一読を。
“商店街にまず一割の繁盛店を!”とは、『個店経営研修事業((株)全国商店街支援センター)』のスローガンですが、空洞化著しい商店街で繁盛店の点から線、面への波及を実践されているモデルです。機会がつくって視察をどうぞ。
指導に当たる専門家の会議でゴンドラを一台撤去しておもてなし用のテーブル椅子を配置されたYショップさんを紹介したら“それは見に行かなくちゃ”となりました。韮崎市の商店街、視察が増えるかも知れません。ただし、出かけられるときは商工会にご連絡を。とおりを見るだけでは「繁盛店」は見えないかも知れません。もちろん、取り組みの実際と成果については、取り組んでいる人たちに直接聞かないと分かりませんし。

 記事でも紹介されていますが、同商店街には「中心市街地活性化推進員」さん2名が配置されており、小沢事務局長の陣頭指揮のもと、“点から線、線から面への展開”を強力に推進する体制の構築に向けて、目下、指導実務と座学への参加を中心に取り組まれています。
この点も“モデル”ですね。

商業者の取り組み:
 たとえば昨夜は「POP改革の進捗状況」についてそれぞれ現状が報告されました。
ブティック、バイク販売修理、工務店などそれぞfれまったく異なる業種・業容の人が、現在取り組んでいる内容と成果について発表されました。いずれもスタート時点では予想できなかったレベルに到達しています。
いずれも“共有する理論に基づく取り組み”であること。
そのために“それはお宅の業種特有のことでしょ”などという認識が生まれる余地はありません。
5人で取り組めば5通りの仮説試行が共有される、取り組みが加速される、ノウハウが商工会に蓄積され、後続グループの取り組みに供される、ということが実現しています。

 視察の機会が持てる人には是非おすすめ、ご検討ください。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ