FC2ブログ

軍事用語の借用にご注意

 わが国だけに限らず、企業経営関係の専門用語には、はじめ軍事用語から借用されたものが多いことはご承知のとおりです。

 戦略・戦術、状況分析、作戦計画などなど。
文事関係のれとりっくを援用する、すなわち経営を戦争に見立てるわけで、既に定着して久しいわけですが、理由が二つありました。

 第一に、「計画」ということ。対象範囲が広く、期間が長く、組織規模が大きい、計画の良し悪しが全体の成否を左右する、ということでは戦争は昔から何と比べてもけして引けを取りません。その分、「計画」についてのノウハウを他より進んでいます。

第二に、企業の主要な活動分野である「市場」には、ライバルがいまして、競争にうち勝とう、当方を何とか出し抜こうと虎視眈々と狙っています。このことから、競争相手を敵になぞらえて「競争戦略」や「作戦」をはじめ、軍事用語が頻繁に使われる。
「敵を妥当して目的を達成する」という行動のありかたを戦争と二重写しにするわけです。
中には、レトリックの導入の方法を間違えて、とんでもないことになっている例も少なくありません。
「ランチェスター戦略」などはその典型です。

 ということで、軍事用語を経営関係のレトリックに援用する場合は、しっかり考えておかなければならないことが有ります。

 それは、「企業経営」における「敵」という概念が、一般に競合企業のことだといわれ、誰も怪しむものはありませんが、本当に企業にとって敵は競争相手のことか?
そういう理解で軍事用語、軍事関係で古来蓄積されているノウハウ、ハウツウを経営畑に「翻訳」活用できるものでしょうか?

 私は大いに疑問を持っています。
この疑問については、掲示板で詳しく検討しますが、ここで申しあげておきたいことは、二つありまして、

一つは、軍事用語の「敵」を経営関係のレトリックに使うなら、その場合「敵」は「競争相手の企業」ではなく、「顧客」です。
何故そう言えるか? 答えは「理論創発」で。

もう一つは、「状況分析」について。
軍事における「状況分析」の対象になるのは、
①軍事行動の目的
②敵の状況
③味方の状況
④②および③に影響を及ぼす環境与件



と続きます。味方が現在どのような状況に有るか、ということは目的達成のシナリオ~計画を作る上で、大変重要なことです。
この分析が行動のスタート位置を決定するわけですから。
※関連を論じています。「プランニング能力

 多くのというか、ほとんどのプランナーが計画作成作業で、自覚してor無自覚のうちに、軍事用のレトリックを使っていますが、上述のとおり、レトリックの応用のしかたを間違えているために、とんでもない錯誤に陥っています。

 もちろん、この錯誤は「商業の活性化」をメインとする中心市街地活性化のスキームにもちゃんと移入されており、中には応用のしかたがまずいために、全体の取り組みをおかしくしてしまっている、というケースも散見されます。

 またしても、「恐るべし、レトリック」です。
 
そうそう、コンサルタント業界には、加えて医療関係のレトリック、専門用語も入ってきています。
「診断」とか。
「活性化」などは化学分野でしょうか。
言葉の輸入は知らず知らずのうちにその言葉が用いられる状況、結びついているレトリックも一緒に導入されます。
使うコトバに思考が導かれてしまう。

言葉の素性は、よく吟味してから使うようにしましょう。

ところで、企業にとって“「敵」とは「競争企業」のことである”というのは常識だと思いますが、この用語法は正しいでしょうか?

検討は【理論創発】で。
同コーナーでは新しいテーマの考察がスタートします。
○イズミこと「量販百貨店の新戦略」とか
○「コンセプト論」とか
○「通行量論」も展開中。
すべて当社サイト以外では入手できない情報です。

 特に、「軍事レトリックの応用」という当記事が口火を切ってサイトの各掲示板で考察中の諸課題は、基本計画作りの成否に大きく影響します。
もちろん、当事者である皆さんのスキルアップにも。
関係の皆さんはそのつもりで勉強していただきたく。

【理論創発】覗いて見るか、で。
ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ