FC2ブログ

活性化理論の大転換

 人は誰でも理論を使って物事を考え、行動します。
理論とは、“物事を理解するために集められ選択、組織された知識"のこと、我々の目的意識的な行動の背後には必ず理論が控えています。
このとき、理論は極論すれば、“本人が正しいと信じている知識”ですね。
“我々は理論に基づいて物事を理解し、行動する”
このことを理解し、“適切な理論”を使って物事を考えることは、目的を達成する上できわめて重要なことです。

 もちろん、商店街活性化、中心市街地活性化という問題の理解、行動も理論に基づいて行われています。

 既報のとおり、内閣府中心市街地活性化推進室では、認定基本計画の推進状況について、各都市が行ったフォローアップ(自己評価)をまとめ、公表しました。
当コーナーでは一昨日、早速コメントしました。
再掲します。
(再掲)***********************
 重大な内容が含まれておりまして、詳細は【都市経営入門編】で検討するつもりですが、なんと、「活性化実現の切り札」であったはずの「通行量の増大」が(以下引用)
*********
③小売業販売額、空き店舗に関係する目標指標については、近年の経済低迷の影響を受けて我が国全体で小売商業面では厳しい状況にあるため、取組自体の進捗に遅れが見られる、取組の効果が地域全体には十分に行き渡らない等、取組の効果がなかなか有効に現れていない状況にある。
引用終わり)**********
つまり、「小売業の販売額・空店舗に関する目標数値」は、
○取り組みの進捗に遅れが見られる
○取り組みの効果が地域全体に行き渡らない
すなわち、効果がなかなか有効に現われていない。
という状況において、
引用*****************
④通行量に関係する目標指標については、他の目標指標に関する取組の効果全般の影響を受けるところ、特に③の目標指標に関する取組の効果の影響を受けることもあり、比較的厳しい状況にある。
引用終わり******************
と総括されています。(4頁中ほど)

 何と、“商業はまちの花”であり、“通行量が増えれば街は活性化する”はずだったのに、今回の総括では:
○通行量は、他の目標指標、特に③(小売販売額・空店舗率等の指標)に関する取り組みの効果の影響を受ける
と逆転しているのです。そしてその結果、
○(小売業の販売額・空店舗)が③的状況にあるため、通行量に関する目標指標の達成は“比較的厳しい状況にある”とされています。

 これは一大事です。これまで藻谷流などの“通行量がすべてを癒す”という“理論」を根拠を検討すること無く信奉してきた皆さん、ここに来て「通行量は他の取り組みの効果を受ける」と大逆転ですからね。
このことは何を意味するのか?
************************************

 言うまでもなく、これまで主流を占めてきた“通行量を増やせば、活性化が実現する”とい「理論」が実践に於いて否定されたことを意味します。
これまで「通行量理論」を“活性化への道"と信じて実行してきた皆さんは、これまでの理論を投げ捨て、新しい理論を装備し直さなければならない。
さらに、今度は“著名人が主張しているから”とか“先行事例がそうしているから”といったことを採用の根拠にするのではなく、きちんと自分の頭で考え、“こうすれば商店街は活性化できる”と納得できる理論を採用しなければならない。

 やっかいなことだと思われるかも知れませんが、間違った理論、根拠のない理論に基づく取り組みが成功するほど“商店街活性化”はヤワな問題ではありません。
これまで“通行量理論”を信奉して取り組みを組み立て、実践してきた皆さんは、いったん仕事を止めて、「理論の転換」をしなければならない。

 ご承知のとおり、当社は一貫して“通行量理論”を批判し、代替理論を提案しています。採用されて商店街などですでに成果を上げている理論です。

 現在案内中のセミナーではこの理論の全体像を紹介、提案します。“理論の転換”という問題に直面している皆さんに、“選択肢の一つ”として検討されることをおすすめします。
受講されると、「商店街活性化」を導く理論が供奉しておかなければならない性格、条件が理解され、理論選択の“基礎体力”が身につくことをお約束します。

 期日が迫っていますが、まだ残席があります。
ただし、内閣府のレポートが出ましたから、これから受講申し込みが増えるかも知れません。さっそくお繰り合わせの上お申し込みください。

 申し込みはメールでどうぞ。参加料は当日受付にて。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ