FC2ブログ

局面打開のために

 (前記事「商店街活性化 取り組みの蹉跌」を踏まえて) 

 前記事で指摘したような状況があるとするならば、現在各地で企画されている「従来型商業活性化策+非・商業施策」の組み合わせによって作られる『基本計画』で中心市街地の商業の活性化・経済活力の向上が達成されるはずがないことはいうまでもありません。
 実際、私が講師を担当した勉強会でも「新スキーム・計画でも自信がない」という声が聞かれます。

 これまでの取り組みはなぜ蹉跌したのか、その原因を直視し、適切な対策を講じない限り、“新しい”取り組みの旧態依然、覆轍は目に見えています。
これまでの取り組みの蹉跌をキチンと統括した取り組みが求められています。

 “出直し的”取り組みでは、消費購買行動の変化に対応するために必要な経営技術が、関係各方面に装備されていないこと、解決すべき問題と現有解決能力との間に大きなギャップがり、これを自助努力で乗り越える無ければならないこと、これが最も優先的に取り組まれるべき課題です。

 この課題を直視すること。ギャップを解消することが必要であること、このことがすべての仕事に優先するのだということを一点の迷いもなく確信し、解消への取り組みの構築をめざすこと。新しい基本計画の作成に先立ち、この課題についての認識をすべての」関係方面が共有すること。
これが、新しい「活性化への道」を歩き始める第一歩です。

 既にご承知のとおり、当社はスタート段階の取り組みを、「ミスマッチの解消」という問題を踏まえて提案しています。
 すなわち、勉強会『中心市街地活性化 実現の方向と方法』による“関係各方面の問題意識の共有」の実現と、仮説~試行法を駆使する「商人塾」による“実践を通じた能力の転換”の提案です。
 
 クオールエイドは、突破口としての勉強会を提案しています。

勉強会:『中心市街地活性化 実現の方向と方法


※状況によりアドバイザー派遣制度の利用をお奨めします。
商業活性化アドバイザー制度ご利用のお奨め

※開催の合意形成に先立ち、まずは当社へのご連絡を。
 開催に向けた合意の形成についても相談に応じます。

 これまでの取り組みに欠けていたのは何か?
欠けているところに眼をふさいだままの取り組みで活性化を実現することが出来るのか?

自問自答すべき問題はこのように立てられるのではないでしょうか?


ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ