商店街活性化の合意形成

 センスメイキングはもんだい状況についてのは認識の共有から。

 その目的は、(中活法における「中心市街地」の定義を援用すれば)商店街の活性化、すなわちショッピング機能の増進と経済活力の向上であることは言うまでもありません。
もちろん、ショッピング機能の増進も経済活力の向上も、商店街に立地する個店及び経営者を筆頭にその関係者の「立ち居振る舞い」の変化を要します。活性化が必要な容態に至っている個店関係者の「立ち居振る舞い」をそのままにしてショッピング機能の増進・経済活力の向上を達成することは不可能ですからね。

 特に「経済活力の向上」は、小売業の場合、売場の構成・運用に関わることであり、売場をお客の「ショッピングの場」として構想・構築し、適切に運用していく能力を向上させることが、「経済活力の向上」の中核となる仕事だと考えられます。
とするならば、商店街の関係者、そこに店を構える店主及び従事者が“その気になって”店づくり・運営能力を向上させることは、商店街活性化の取り組みの一方の柱と位置づけられなければならない。

 商店街活性化にとって、各個店の店主・店長を始め関係者がその気になって自店の「店づくりの転換」に取り組むこと、そのために必要な能力の確保・活用にいそしむ体制を作り上げることが、中心課題のひとつであることは、これまでほとんど誰も口にすることはありませんでしたが、口にしないだけで気付いていた人はたくさんいました。口にするからには「方法と方向」も提案しなければなら無い、という思いから、方法と方向が分からない以上、口に出来なかった、という人もあったことでしょう。

 しかし、あらためて考えてみるまでもなく、ショッピングの場である商店街において、お客の来街目的のほとんどは個店の売場において果たされます。商店街が「ショッピングの場」としての機能の増進・再構築を目指す以上、個店の改革は避けることが出来ない課題であり、その課題はそれぞれの個店の関係者によって担われなければならない以上、人々が“その気になって”仕事の仕方を変えていくことの重要性は自明です。

 問題は、“その気になって”というところにあります。
自分がその気になった方が、自分・自店にとって「プラス」だ、と納得したとき、人は自然に“その気”になるはずです。いくら、“あなたの店のためだから”といわれても納得できなければその気になれません。商店街の取組に心から合意することもありません。

 商店街活性化の合意形成とは、「商店街活性化の方法と方向」についての合意と、その合意に基づく「自店での取り組み」についての合意であることが必要です。
この合意を獲得するためには何が必要か?

 まず、商店街が「ショッピングゾーン」として実現を目指すあり方と実現の方法と方向について、合意すること。
何故、この転換が必要か、転換によって得られるものは何か、転換するには各個店は何を為すべきか、ということについて合意しなければならない。「何を為すべきか」については、実際に“こうすれば為すことが出来る”という取り組み方まで提示し、納得してもらわなければならない。

 商店街が、商業集積間競争の時代にあらためてショッピングゾーンとしての位置を確保するためには、以上のような内容での合意形成が不可欠であることは、ここまで読んでこられた皆さんには納得いただいていることと思います。

 ひるがえって、これまでの商店街活性化の計画や取り組みを見ますと、以上のような問題意識に基づく「合意形成」はほとんどありませんでした。特に「個店・売場の転換」という課題についてはまったくと言っていいほど取り組まれておりません。
活性化とは名ばかり、取り組んでも取り組んでも成果が上がらなかった理由はここにあったわけです。

 新しい取り組みは、商店街を取り巻く環境の変化、特に消費購買行動の変化と郊外型SCなど競争相手の動向について、的確に理解したうえで、“こうすれば商店街は勝ち残ることが出来る”という方法と方向について、合意を作り上げることが必要です。
今日、活性化に向けて革新的・意欲的に取り組まれている、と評される商店街の取組ではこのような合意形成の努力が払われています。従来のような個別事業ごとの合意形成とは大違いです。

 7月15日、福岡市で開催するセミナーは、以上のような問題に取り組むことを課題としている皆さんにとって、取り組みの「第一歩」、合意形成の基礎である「活性化の方法と方向」について選択肢を提供するものです。
いつも申しあげているとおり、商店街活性化に関わる各方面の担当者各位が揃って受講されると、以後の取り組みがとてもスムースになるはず、お誘い合わせの上、是非ご参加ください。


※特に、全国商店街支援センター・「個店経営研修事業」への応募を検討されている方は、なにはさておき受講されると、事業取り組みについての確信が生まれ、さらに取り組んだ場合、事業の成果をいっそう拡充することになります。

※参加申し込みはメールでどうぞ。

※指導者各位の参加を歓迎します。
 現場の状況は即・指導者の状況とピッタリ合致しています。
今や、指導者も商店街活性化の実現に向けて、従来的手法とキッパリ訣別、活性化実現への実効ある取り組みの方法と方向を提案しなければならない状況に直面しているはずです。
 状況を直視して対策を講じる人とこれを回避する人とでは、これからどんどん事業機会に差が開いていくるはずです。
選択肢としての当セミナーへのご参加をお奨めする次第です。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ