耳寄りな? お 知 ら せ

 中心市街地・商店街活性化について、これまでの取り組みを見直したい、見直さなければならない、という情況にある皆さんへ。

 作業の目的を達成するためには、見直しに用いる「視座」を用意することが必要です。
 (*)視座:物事を観察する理論的・実践的立場

従来慣れ親しんでいる視点で見る限り、見えるものは変わりません。
そうすると「打つ手」もこれまでの策の改善・強化という範囲に止まることになります。これでは結果は見えています。

 早急に「見直し」に必要な視座を準備しなければなりませんが、どこで入手できるのか?
という困った問題がありまして。

 全国の中心市街地が直面している問題ですから、「新しい視座」や「新しい方向と方法」がどんどん提案されてしかるべきだと思うのですが、当サイト以外、ほとんど出されておりません。
これが出せないと、“地域活性化”“地域主権”“道州制”・・・、みんなウソ・デタラメになりますからね。
たかが商店街、されど商店街。商店街には手も足も出ないけど、地域活性化ならどうにでもなる? ウソをつけ!(笑

 本来なら、活性化への道・方法と方向が複数提案され(自力で考えたものも含み)、その中からこれだと評価出来るものを採用する、というのが望ましいのですが、残念ながら「選択肢」は提供されておりません。誰も・どこも提供していない、あなたが日ごろおつきあいの方面を含めて、という事実はキッチリ確認しておくことが必要です。

 そうした中で、唯一、オルタナティヴ・選択肢として自ら創出した「中心市街地・活性化への道」を提案・提供しているのがこのサイトです。
見直し作業の前提となる「視座」つくりには、複数の提案があって、その中から自力・自己責任で選択する、というのが望ましいのですが、残念ながら、選択肢は一個しかないわけです。
どうすべきか?

 まずは、その提案を吟味してみること。
その時の着眼は、“これまでの取り組みが上手く行かなかった理由についてきちんと・納得できる説明が行われているかどうか。
説明はされていなくても、その視座に立てばその理由が自分で分かる、ということ。
これが出来る視座は、第一段階をクリアです。

 次に、提案されている“これからの取り組み”の吟味。
チェックの要点は
①目的が明示されているか
②自分たちの力で取り組み・実現できるか
ということ。さらにないよりも:
③取り組みの中から「繁盛店」が続出する、と確信できるか
ということですね。

 あらためてこのように考えてくると、「道」を選択するためには「商店街立地の商業の活性化」の実現に貢献できる「商業理論」を装備しておくことが必要です。
商業理論を示さずに“商店街活性化の道”の提唱は出来ません。
もし、理論無しで「道」を提唱する人がいれば、それはインチキか理論が必要だということが分からない馬鹿者かのいずれか、どっちにしても支援指導の依頼は出来ません。

 ということで、今日まで当社とリアルでのおつきあいの皆さんへのお奨め。

 上記について思い当たり、納得できた人は、迷うことなく当社との「連携」を実現してください。
まずは、当社の理論・活動実態その他への質疑などから如何でしょうか。 

 当社は営利企業ですから、敷居が高いかも知れませんが、つねづね申しあげているとおり、Web上でのやり取りに費用は掛かりません。
当社とおつきあいのある皆さん、はじめはみんな、メールでの質疑から始まっています。

 以上、耳寄りな話、だったでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ