FC2ブログ

中心市街地・商業機能の活性化

 各地の取り組みに共通している問題点が大きく二つありまして。

 一つは。
「最寄り」から「買い回り」、コンビニエンスストアから各種ショッピングセンターまで、すべて一視同仁・「小売業」というコトバでまとめて考えている、ということ。
中心市街地の商業の活性化、と一言でまとめられていますが、
①中心市街地内居住者の利便性ニーズへの対応を事業機会とする
小売業 と
②都市&周辺の広域を商圏とする買い回り型小売業
とでは、活性化への課題、戦略が月とすっぽんほど違います。

 これを一緒くたに考えているのがほとんどの基本計画の水準であり、もちろん、かっての「商店街診断」の頃よりも問題意識がハッキリ劣化しています。


 もう一つは。
都市住民の消費購買行動の受け皿が行動圏内で拡充したことが中心市街地における商業空洞化の最大の原因であることは今さら言うまでもありません。従って活性化策の議論においては、なにはさておき、競合関係を把握する、各集積のねらい・特徴を把握した上で、それらへの対応策を考える、というのは当然クリしなければならない課題です。

 ところが、ほとんどの基本計画では、
①小売業の下位機能による分別とそれらの都市及びその周辺の布置状況、それぞれの業容の評価などは問題意識の外
②従って、街区における取り組みも商業集積間競争などの文言を一部ちりばめつつも、実際の施策は業容とか業態とかには全く無縁の施策ばかり
ということになってしまっています。

 こういう状態で取り組まれる「活性化事業」は、個店・商店街に「自助努力主体で取り組む活性化への道」という“王道”をしますことが出来ません。
結局、高度化事業をはじめ大枚を使って「商店街保護プロジェクト」を展開することになるわけですが、周知の通り、小売店の命運を決定するのはお客ですがら、保護施策が効果を発揮することはありません。
これまでも散々経験、ないし見聞してきたとおり。

 実効ある小売商業高度化事業をめざすなら、上位目的を共有する複合的な事業展開が不可欠です。高度化事業の上位目的は、街区・施設のテナントミックス(品揃え=業種揃え・店揃え)の充実であることは、当社がつとに指摘しているところですが、高度化事業と並行して取り組まなければならない事業とは、個々の店舗=売り場を顧客からみた「ショッピング目的で出かけたくなる業容」に転換していく作業です。
もちろん、この取り組みは個店の経営者以下が事業の命運を賭けて取り組む仕事ですね。

 個店の業容転換と並進しない高度化事業は、まさに“仏作って魂入れず”というコトバがぴったり。
 
 最近もスーパーマーケットを都心商業全体の核と「位置づけ」、“これで中心市街地の人の動きが変わる”という報道を見ましたが、何をおっしゃる、スーパーマーケットの客相は、限りなく「用務客相」に近いショッピングパターンです。
ここを起点に「まちなか回遊」ですか、起きるといいですね。

 商業理論は不可欠の装備であり、これを装備しない活性化論議は、ピクニック気分でエベレストに登るようなもの。
凍死、転落死、行き倒れ・・・、末路は多様ですが、生きて再び戻ってくることだけはありません。

ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ