『基本計画』 見直し、作り直しのお奨め

 認定基本計画、早いところは計画期間の折り返しを過ぎましたが、目標数値の達成状況はどうなっているでしょうか?
住む人を増やし、来る人を増やし、という取り組みは着実に目標に接近しつつあり、その結果として商店街は確かに賑わってきている、計画期間が満了する時には中心市街地・商店街は確実に活性化していると自信を持って言える、という都市が幾つあるでしょうか?

 限りなくゼロに近いと思いますが、如何でしょうか。

 どうしてそう言えるか?
これはハッキリしておりまして、せっかく作り直した基本計画ですが、「作り直し」の名に恥じない出来映えになっておりません。

 旧計画の失敗を踏まえて基本計画を作り直す作業について、当社は次のような提案をしています。平成17年です。

『基本計画を作り直す』

 旧計画の轍を踏むことなく、スキームで示されている活性化の定義:都市機能の増進と経済活力の向上を実現するには、上記の記事で提案したような作業は不可欠です。
今日Web上で見ることが出来る計画のほとんどがこの作業をサボって作られていますから、活性化に成功した・しつつある、という声がまったく聞こえてこないのも当然です。

 もはや現行基本計画に計画している事業に取り組めばなんとかなる、と思っている人はほとんどいないはず、一日も早く、路線転換、計画の作り直しが必要です。
まずは上記の提案をしっかり読んでいただき、そのキャップライトであなたの基本計画を照射してみましょう。
果たして新しい「お眼鏡」にかなう計画だったでしょうか。

 叶いませんよね。
とするならば、万難を排して「作り直し」を実現しなければならない。
確かな活性化への助走として是非ご一読されることをあらためてお奨めします。

 ついでに、全国全都市の基本計画の大筋を決定してしまった「認定第一号」に対する当社の論評もどうぞ。
『青森市中心市街地活性化基本計画』論評
昨日今日の記事ではありません。
認定第一号としてWeb上にアップされた直後に行った作業です。

※今日買った本:
岡崎久彦『繁栄と衰退と オランダ史に日本が見える』1991年 文芸春秋
戦略の失敗を戦術で補うことは出来ない。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ