都市機能活性化のエンジンは

 都市の二大基本機能と言えば、
①生活環境 と
②所得機会 ですね。

 どちらの機能が劣化しても都市は衰微への道を歩むことになる。

 いま問題になっているのは、都市の中のもっとも都市的地域・中心市街地ですが、もちろん、問題は中心市街地に止まるものではありません。都市という都市が基本的な機能に赤信号が点滅しはじめています。活性化しなければならないのは中心市街地だけではなく、都市全体に劣化~空洞化に向かう気配が漂いはじめているのではないか。

 中心市街地所在の都市機能と言えばその過半を占めているのは小売・サービス業です。彼らが商っているのは国内産地・メーカー、問屋というルートで供給される国内産の消費財が主でした。
中心市街地が空洞化するということは、とりもなおさず、郊外の卸団地~産地問屋~メーカーというチャネル全体が空洞化することを意味します。国内消費財産業の太宗が空洞化の危機に瀕しているい言ってけして過言ではありません。

 既に消費財の「産地」の多くが文字どおり空洞化、もはや産地の体を為していないところもたくさんあります。というよりむしろ、産地として機能しているところの方が断然少なくなっています。
これはもちろん、「産地的産業」を住民の所得機会としている都市にとっては大変な問題となっています。

 中心市街地との競合に勝利したかのような郊外型商業は、グローバルなチャネルのリテイルですから、その経済的効果は都市にとっては「持ち出し」になります。
「就労機会」という人もいますが、雇用所得の何十倍もが都市から流出することはアタマに浮かばないらしい。

 郊外型商業は、何を目的に出店しているかといえば、「集金」ですからね。そういえばパチ屋も集金産業です。
地元のお金をかき集めて東京へ送ることが出店の機能です。

 その点、地元資本の小売・サービス業は違います。
地元のお金を地元で回す、なるべく他からも持ってきてもらう、というのがかっての都市中心商店街の機能でした。
これを様変わりした環境状況において再び構築しようと言うのが「中心市街地活性化=都市機能の増進と経済活力の向上」です。

 「集積間競争」はちょっと見方を変えますと、国内VSグローバルと言うチャネル間競争でもあります。
この競争をしっかり意識して、国内チャネルのポジションを再確立することが、中心市街地活性化の隠れた効果です。
ここまで射程に入れておかないと、繁盛を実現しそれを将来にわたって維持発展させることは出来ません。

 取り組みは、三者体制の下、小売・サービス業者の自助努力とその連携をエンジンに進められるわけですが、これは、「都市の活性化=都市全体の機能増進と経済活力の向上」という問題への先駆的取り組みだということですね。
中心市街地の要件の三は“当該地域の活性化が都市の他の地域へ波及すること”となっています。ご承知のとおり。
あまり注目する人はいないようですが、ここまで読んでこられたあなたはもうお分かりの通り、「中心市街地尾活性化」の取り組みは、その方法と方向において、都市活性化のモデルとならなければならない。モデルとなりうる取り組みでないと、活性化することは出来ません。

 三者体制~タウンマネジメント組織~小売サービス業者がスクラムを組んで取り組む・自助努力とその連携をエンジンとする中心市街地活性化の取り組みは、都市全体の活性化を牽引する役割を負っています。
中心市街地の活性化を実現できない都市が果たして都市全体の活性化という問題に適切に取り組むことが出来るだろうか?
ということでありまして、ここらあたりをキッチリ押さえておかないと、「事業仕分け」が牙をむくかも知れません。

 久しぶりで「都市経営」領域の本をパラパラとめくってみました。
神野直彦『地域再生の経済学』中公新書

 この情況をどう突破していくか?
これがわが国の全都市が共通して直面している問題です。

 「中心市街地活性化の経済学」は業界人の問題意識にはないのでしょうかね?
「市場経済」と言うときの市場とは小売店の売場=POPのことでしょ?

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ