FC2ブログ

戦略業務三点セットの確保

 “恒常業務は戦略業務を駆逐する”
商人塾を経験された人には周知の経験則です。
日々、一人数役をこなさなければならない(だからこそ面白いのでもありますが)商店街立地の中小小売業のみなさんには、きちんと戦略業務に向き合う「制度」を作っておかないと、恒常業務の中に埋没してしまいます。

 恒常業務は取り組むべき時間が決まっている場合が多く、「接客」などはその典型ですね。なにはさておきお客と向き合わなければならない。
他方、戦略業務はその特性からして“何も今すぐやる必要はない”仕事です。今日やらないと明日の仕事が上がったり、ということはありません。明日やらなくても特段の問題は出てこない、あさって、そのまた明日、取り組まなかったからといってどうという悪い結果が起こることはありません。

 ところが。
だからといって放置しておくと、いずれ手ひどいしっぺ返しと喰らう、というのが戦略業務です。

 ということで。
われわれは意識的に戦略業務に割り当てる時間/能力/コスト原資(戦略業務の三点セット)を確保しておかなければならない。
特に「時間の確保」は重要です。週に半日×2回程度は恒常業務/現場から離れられる・離れるシステムを作っておくことが必要です。この時間はたとえ業務がなくてもゼッタイに現場にはでない、というくらいの「制度」にすることをお奨めします。
「制度」にしておかないと、重要な戦略業務でもいとも簡単に恒常業務に割り込まれてしまいます。
もちろん、日々の売り上げを作るのは恒常業務ですからこれを軽視することは出来ませんが、一年後、二年後の恒常業務のあり方を決定するのは現時点でどう戦略業務に取り組むか、と言うことにかかっています。、

 この時間を確保する、ということを前提に週単位で恒常業務(ルーティーンワーク)の時間割を行うこと。

 個店レベルの業容転換/繁盛店の線・面への伝播によるショッピングゾーンとしての再構築への取り組みに率先取り組むことを決意している人たちは、この「制度」を作らないと。
“暇を見て集まる”程度で出来ることではありませんからね。
現場から離れる時間/曜日を制度化する、これがタウンマネジメントの基礎になります。

 ギリギリの人数で回している恒常業務ですが、知恵を出し工夫して時間を作りましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ