FC2ブログ

自力思考

自力思考:自分のことは自分で考える

 当ブログの〈通奏低音〉です。
自分のアタマで考える、とも。
特に現代日本においては、小学校から職場まで、イヤというほど聞かされます。
(ただし、一部の流通業界においては、一時、自分で考えるな、商業のエッセンスは米国にある、米国のノウハウに盲従せよ、と言うことになっていましたが、これは例外。)

 一方、自分の頭で考えるように、と言われる側もそう言われたからといって悪い気はしません。だからといって、自分の頭で考えるために努力をするわけでもない・・・。
自分の頭で考える、だれもが心掛けるべき大事なことのようですが、さて、あなたは自分の頭で考えていますか?

 “自分のことは自分で考えよ、世間の常識や「後見人」の意見に盲従するな”とは、「啓蒙主義」の主張ですが、わが国に入ってきたのは「和魂洋才」の時代。正しいのは舶来思想、撲滅・蒙昧封建思想というわけで、「啓蒙」は“進んでいるものが遅れているものの蒙を啓く”と理解されまして、学者さんたちのおまんまのタネ、本場の啓蒙主義が批判の対象としていた「後見人」の座を占めて現在に至っています。

 ビジネス書とか自己啓発書とか、私はほとんど見ないのですが、たぶん、「先入観を取り払って白紙の状態で見よ」とか「自分の力で考えよ」とか、お説教が述べられていそうです。問題は、自分の頭で考えよという提言はあっても、自分の頭で考える、とはどういうことか?
何を考えるのか?
どう考えるのか?
等々についてはほとんど参考になるようなことは書かれてないだろう、ということ。読まなくても分かる。

 「先入観を取り払ってものを見よ」といわれても、われわれの“ものを見る眼”は「先入観」そのもので成り立っていますから、これを取り払ったら見るべきものが見えなくなります。
「缶ビール」が缶ビールに見えるのは、缶ビールについての先入観を持っているから。先入観を取り払って缶ビールを眺めたらなにが見えると思いますか?

 というように考えてみれば、俗流「自分で考えよ」のデタラメぶりがたちまちバレバレです。自分で考えよ=おれが教える通りに考えよ、だったりして。

 当ブログでは、「問題解決過程を支援する」ことをなりわいとするtakeoが、「問題解決能力を向上する」という課題に取り組んでおいでの皆さんに「自分の力で考える」ことについて、あれこれとご披露・ご提案して、一緒に考える機会を持つことで、お暇つぶしがてら「特段の努力をせずに問題解決能力を向上する」機会も提供したいと思っています。

 うまく行けば、このブログとおつきあいいただくとアタマがよくなるわけですね。一度「頭が良くなる法」を修得すると、これからの一生、とどまることなくどんどん頭がよくなります(笑 

が、その前に。

「自分の頭で考える」ことはなぜ大切か?
大切だ、ということについてはほとんど異論がないはず、だれに聞いても“その通り”と返って来そうですが、

なぜ、自分の頭で考えないといけないのか?
そもそも、自分の頭で考えるとは、どういう作業のことか?
あらためて自問してみると、ウ~ム、となるはずです。

 まずは、このあたりのことをあれこれ考えることを通じて、「自分のアタマで考える」ことを理解する、自分のアタマで考えるために必要な技術や準備したほうが良いことなどを明らかに出来ればと思います。
とりあえず、クオールエイドでの考察を紹介しておきます。
カント『啓蒙とはなにか』を読む
カントさんが登場ですが、内容はシンプル、分かりやすい話です。


自力思考を強化するぞ!で。
ブログランキング

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自分の旬な記事

なんでも情報発信基地より旬な記事をご紹介します!自分家のことが少しできた梅雨の晴れ間の一日でしたが昼までは、ボランテイアの仕事をして、昼からは自分の家の仕事をした何年か前に買った中古の草刈機ついにダウン、又中古

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ