商店街活性化への新しい視座

(視座は読んで字の如く、「視る位置」です。ものごと(問題)はどっから視るかによってコロッと変わります。問題が変われば、当然、解答・処置も変わります。)

 商店街活性化、ホンキで実現しようと思うならば、「実現できる」と確信が持てる位置に立たなければならない。“白紙の状態で観察する”とか、“情報を全部集めてから考える”というのは、真っ赤なウソ・出来ない相談、ホンキで考えていないことの自白に等しい。

「商店街活性化」とはもうちょっと具体的にいえばどういうことか?

 まずは、‘商店街’と‘活性化’それぞれ分けて考えてみましょう。

①商店街:
あれこれの商店街ではなく、商店街と名の付く商店街、ぜ~んぶ無条件で。
 ということは、所在商圏の人口規模とか、業種業態の構成とか、駐車場やアーケードなどの有無・状態とか、各個店の業容とか、通行量とか、非物販の集客施設の有無とか、モロモロの条件はひとまずカッコに入れておいて、“商店街であれば活性化の対象になる”すべての商店街は活性化できる、ということですね。「商店街」というだけで“活性化できる可能性がある”と言える「視座」に立つ、ということです。

②活性化:
何らかの原因・理由で衰退している機能を蘇らせること。

 つまり、商店街活性化とは、劣化~空洞化の趨勢にある商店街の機能(小売・サービス機能)を本来の機能を果たせるように蘇らせる(賦活)こと、です。

 今現在、小売・サービス機能の集積としての商店街機能はどうなっているか?

 陳腐化~劣化~空洞化という「消滅へのスパイラル」のまっただ中ですね。
①立地する店舗の業容の陳腐化、施設の老朽化
②街区設備の老朽化
③通行量の激減
が、どんどん進んでいます。
これが活性化の取り組みをスタートさせる位置ですね。
これを反転、“繁盛する小売・サービス業が軒を連ねる街区”を蘇らせることが商店街活性化です。

 これまでの取り組みは、①についての施策を講じないまま、もっぱら②、③についてさまざまな事業に取り組んできました。その結果、何がどうなったか?

 「小売・サービス業の集積」として提供すべき「ショッピング機能」の空洞化は進展するばかりです。それもそのはず、集積の基本機能である小売・サービス機能の陳腐化~劣化をくい止め、反転させる取り組みはもっぱら「個店の仕事」として省みられることは無かったし、そもそも個店が陳腐化しているのは経営者の力量の反映でしょうから、“個店の仕事”などと逃げることなく問題を正視し対策を講じるべきだったのです。

 ということで、商店街活性化、気を取り直し(笑、命運を賭ける意気込みで取り組むべきは「個店レベルの活性化」です。繁盛店を作りだし、商店街活性化の可能性を実証し、取り組みを拡大し、銭から面へ機能を賦活させていく、これが商店街活性化のメイン・真っ正面の仕事です。
その「核」であり「スタート」に位置するのが「繁盛店づくり」という取り組みです。

 繁盛店とは:
①これまでの趨勢からは想像も出来なかった業績の向上を無理せず実現する
②成長を持続する
 売り上げの続伸・業容の拡大・多角化
 老朽化している施設・設備の更新
 事業承継者の確保
③資産価値の上昇
④隣近所への効果の波及
⑤その他
などなどを自店の業績によって実現するお店のことです。

 繁盛実現に取り組んでいく条件:
①業種・業態は無関係
②業容も無関係
③お金は掛けない・掛からない
④「経営技術」のレベルなどもちろん関係ない
どれか一つでも引っかかると他店のモデルになりません。

 さらに、取り組みは
①コンセプトや計画は作らない(作れない人もいるだろう)
②毎日の仕事の片手間で取り組める(当然ですね))
③着手するとすぐに効果が現れる(客数・売り上げアップ)
④やればやるほど成果が挙がる(半年とか一年後とか言われてもね)
⑤楽しくて、人にも教えたくなる(誰でもやれば出来る、という確信が無いとダメ)
ということでないと、「商店街活性化」の条件に合った繁盛店づくりとは言えません。

 今どき、“商店街活性化はやはり個店が原点だ”“繁盛店を創りだすことが商店街活性化の原点だ”というのは簡単ですが、ホンキで取り組む場合は、ここまで述べてきたような条件をクリアしなければなららない。
それとも、何か一つでも“これは関係ないだろう”という条件がありましたか?

 もちろん、「一店逸品」やその他「お店の特徴を活用する」など個別個店の特有の条件を活かすというのはダメですからね。
“誰でも・どこでも、その気になって取り組めばきっと繁盛する”ということが「商店街活性化」へとつらなる繁盛店づくりの条件です。

 さて、冒頭の問題に立ち返りますと。
「商店街活性化の視座」とは、以上述べてきたような条件について、
“まったくその通り”と肯定したうえで、
“こうすれば商店街は活性化できる”
という「方法と方向」のことだということが了解されたことと思います。

 この視座を得るにはどうすればよいか?
いくら個別商店街の「成功事例」、「失敗事例」”を集めても無駄です。
“視座を得るためには視座に立たなければならない”という原則があります。

 富士山頂上の景観を堪能したかったら、山頂という視座に立たなければならない。
「商店街活性化」の可能性は、それを可能とする「視座・方法と方向」を理解してはじめて確信を持つことが出来る、という性格をもっていることなのです。
ただし、先述のとおり、こちらの視座は富士山のようにコツコツ登っていけばたどり着ける、というものではありません。さあ、どうすれば手にはいるでしょうか?

 ご案内中の商店街活性化セミナーは、以上のような問題意識のもと、「商店街活性化の可能性」について提案するもの、従来の類似テーマのセミナーとは大きく異なっていることはご想像のとおりです。
特に「商店街活性化」の指導・支援を職務とする皆さんを対象に絞った内容構成となっています。

 国の支援施策も「実効性」についての評価がさらに厳しくなります。
ホンキで活性化を実現したい、とお考えのあなたとあなたの仲間にとって、このゼミナーを代替出来る機会はありません。お誘い合わせのうえご参加されることをあらためてお奨めする次第です。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ