これから表面化する大問題

 地域商店街活性化法の施行以来、“商店街活性化は繁盛店づくりから”という、これまで細い傍流だった言説が日増しに勢力を増しています。特に新法の枠組みで仕事をしてきた人たちの一部、主力メンバーではコンセンサスとなっているようです。

 他方、“商店街活性化は通行量の増加から”と提唱し、その取り組みを実践してきた取り組みは、その「目に見える結果」として“話にならない”ことが明らかとなっています。
もはや「信用失墜」といっても過言ではないでしょう。

 今年度はいよいよ“キラリ輝く繁盛店づくり”が「運動」として全国的に“だれの眼にも明らかになる”質と規模で拡大していく情勢を作りだしていかなければならない。
商店街は「機が熟するまで待つ」などという悠長なことが言えるような状況ではありませんから、内から外から、方法と方向の選択を迫らなければならない。

 というか、近年の取り組みの成果が報告されるにつれて、大勢がそちらになびくことは間違いありません。
このとき問題になるのが、
①適切な「方法と方向」を選択すること
②適切な指導者を採用すること
です。

 実際に取り組んでみると、特に
“適切な指導者を確保する”という課題が大変な難問であることに否応なく気付きます。(というか、気付かないと大変です。)
いうまでもなく、①が出来れば自分たちだけで「活性化への道」を構築できるかといえば、これは大変難しい。皆さんが想像する以上に難しい。

 しかるべき専門家に指導支援を受けることが不可欠ですが、問題は「適切な専門家」が圧倒的に不足していること。
少なくとも、業界を歩いている人で「適切」な人はホントに少ないと思います。
試みに、「商業活性化・専門家」などで検索を掛けてみましょう。
「商店街活性化への道」「方法と方向」を提唱しているものがどれくらいいますか?
提唱さえしていないのに実務を指導出来るわけがないのでありまして(もちろん、提唱しているからといって実務指導が出来るとは限りませんが)、そういう眼で業界を見渡すという作業もたまには必要です。

 問題は、点から線、線から面への展開を理論・実践の両面にわたって指導できる専門家が少ないこと。
大急ぎで育成・確保しなければならないのですが、その任に当たるべき役所などでもその準備が出来ていないかも知れません。

 各地の商店街は、
①やっぱ個店が頑張らないと活性化事業の成果は挙がらない。
②既存個店の繁盛づくりが喫緊の課題だ。
③波及効果をもつ「繁盛店づくりの方法と方向」を装備すべき。
その上で
④“適性を備えた指導者”を確保せよ。
という問題に直面しているわけですが、以上、簡単に分析したように、
④“適性を備えた指導者”を確保せよ。
は、具体的に指名して確保しなければなりません。
これが、
「これから表面化する大問題」です。
適格者が少ないため「奪い合い」になるかも知れません。

 このような状況に鑑み、当社は「指導者の育成」にも注力します。ご案内中のセミナーはその一環です。  

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ