FC2ブログ

心機一転・中心市街地活性化への道

 何処も同じ、挫折寸前の中心市街地活性化ですが、かくてはならじ、新年度はあらためて「中心市街地活性化への道」を追求して参ります。

1.基本計画の作成、見直し 特に「商業の活性化」のための事業の再構成(点から線、線から面への展開)

2.1に基づく「活性化への道」シナリオの作成

3.所要のスキルの確保(商業者、指導者など)

4.組織の活性化(商業者組織・中活協ほか)

5.上記を担保する理論の共有

 という問題領域の全体にわたって「あるべき取り組み」を提唱します。

 商人塾や個店経営研修事業など全国各地で取り組んだ「キラリ輝く繁盛店づくり」の支援を通じて、このところ、格段に進化した理論・ノウハウを全面的に活用する、分かりやすく・取り組みやすい「活性化への道」です。

 【都市経営コーナー】でスタートします。
関係の皆さんは是非ご参加ください。

※とりあえず、過去記事で基礎体力を補強するというのは如何でしょうか。

『基本計画を作り直す』

□商業理論なき商業活性化

 中心市街地活性化の最大目的は、そこに立地する商店街・商業機能の活性化であることはいうまでもありません。近年、“中心市街地は商店街だけではない”などというトンチンカンをいう人がいますが、寝言ですね。寝言で現実にあたろうとすれば失敗するに決まっています。
こういう人は、中心市街地活性化法及び基本的な方針などは一度も目を通したことのない人たちです。
まず基本文書をしっかり読んで見ること。

 改正された法では商業地である中心市街地における商業機能以外の施設・機能の整備が課題に取り上げられていますが、その根拠は“もはや商店街の活性化は商業施策だけでは実現できない”という旧法時代の総括から、“中心市街地・商店街の活性化は住む人来る人を増やすことから”という方向へなんの根拠もないまま、取り組みが曲がってしまった、というだけのことです。
コンパクト生血作りとか少子高齢化への対応などは、中心市街地限りのことではありません。
もう一度「法」第二条「中心市街地の定義」をチェックしてみるべき。
 中心市街地活性化の主眼は「商店街活性化」であることは、「法」を読みこれまでの経緯を振り返ればぎもんのよちはありません。

 さて問題は、日本全国、関係各方面がシャカリキになって、大枚をつぎ込んで取り組んでいるのに、どうして“中活法のスキームでの取り組みで商店街が活性化した”という事例が報告されないのか?

 答えははっきりしておりまして、「商店街活性化」とかけ声を掛ける人たちが、「商業理論」を装備していない、商業についてほとんど無知同然の人たちが寄ってたかって「商店街活性化」をいじくり回している、というところにいつまで経っても成功事例が報告されない根本的な理由があります。

 他の理由ならいろいろ打つ手もあるでしょうが、“必要な知識を持っていない”状態のままお金さえ使えばなんとかなる、ということはゼッタイに無いのです。
そもそも、百貨店やショッピングセンターでさえ業績不振・劣化スパイラルに陥っている時、中心市街地・商店街だけが理論無し・人さえ集めればなんとかなる、といった安易な思いつきに終始することが許されるのか?

 ということでありまして。
中心市街地、商店街、ホントにホント、活性化したかったらまずは「適切な」商業理論を装備すること。
この課題をスルーして事業が成功すると思ったら大間違いです。

 以下は、サイト【都市経営】コーナーで。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ