孤立無援の繁盛再生

 全国・ほとんどの商店街で、全業種・業態の小売業が共通して直面している課題は、“商売繁盛・安定的に成長していく”業容をどう構築するか、ということです。(いうまでもなく、業容=品揃え・サービス・ショッピング環境の三点セット)
 全国、全業種・業態に共通する問題ですから、「成功事例」はありません。

 これからも商売を続けたい、続かなければならないという立場にある人は大変です。
長い間わが国小売業の経営方針であった「見よう見まね」が使えないのですから。
見よう見まねが出来ない(真似るにも相手がいない)からには他の方法を採らなければならない。
巷にあふれている“こうすれば繁盛できる”といった類のノウハウ本を読んでみるか? 何度もやってみたがダメだった、という人が多い。
ではどうする? 

 どうすれば自分の店を繁盛させられるか?
じっくり考えてみなければならない。

 というか、やるべきことは決まっているのでありまして。
①真似れば繁盛できるような「事例」はない。
②“こうすれば繁盛出来る”という「繁盛への道・一般論」はない。

 とするならば、残っている道は“自店の繁盛は自分で実現していく”以外に無いのでないか?
時間を掛けて探せば他の道が見つかるかも知れませんが、あいにく、お店の状況はそういう「かも知れない」話に委ねることが出来ない所まで来ています。さっそく、今日明日の取り組みでなんとか「売り上げアップ」を実現しなければならない。

 というように考えてきますと、“繁盛づくり”の取り組みは、自分で取り組む、しかもこれといった「助け」がないまま、取り組まなければならない仕事だということがバカでも分かります。
バカではないあなたにはとりわけ、痛いほどよくわかる。

では、自店の繁盛を実現する取り組みは、手本のない、手助けも無い、孤立無援の取り組みだということも分かっているでしょうか?
自店の繁盛実現は、自分で取り組む、手本も導きもない仕事です。

 このことがしっかり腹にはいると、一店逸品やら百縁商店街やらイベント人寄せなどが、自店の繁盛づくりにはなんの役にも立たない、「暇つぶし」であることが分かるはずです。だって、喫緊の課題は「自店の繁盛」なのに取り組んでいることは、全国各地、他の商店街でさんざん取り組まれて繁盛店を作り出せなかった事業ですからね。

 ことここに至れば、次は“自店の繁盛最優先”という方針を打ち出し、孤立無援を覚悟して取り組むことを決意すること。
 この取り組みを決意してはじめて「繁盛店への道」の視界が開けてきます。辺りを見回すと同じ方向で試行を続けている仲間の姿もちらほらと見えてきます。
孤立無援・自助努力による繁盛づくりに取り組んではじめて商店街~全国小売商業者有志の「相互扶助」という有力な「武器」を手に入れることが出来ます。

 商人塾や個店研修など、全国各地で繁盛づくりに取り組んでいる皆さんも、「孤立無援」を引き受けてたうえでの取り組み、おなじ道を歩くにはそれぞれ「基礎体力」レベルは自分で身につけなければならない。
同じように勉強^実践に取り組んでも「自店内の孤立無援の取り組み」ができない人は道を拓くことが出来ません。

 繁盛再生、あなたはどういう方法・手段で実現しようとしていますか?

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ