FC2ブログ

方法としての思考実験

 「思考実験」とは、ある仮説の有効性や迫真性を確かめるために行う第一段階の作業、誰でも・いつでも・どこででも行える・行っている思考領域での作業です。

 念のために確認しておきましょう。次のように行います。

実験の目的:ある仮説が「使い物」になるかどうか、“使い物
      にならない”ものを判断する。
方   法:
 ○定義:実験したい仮説と独立して存在する「使い物」になる
  ことが分かっている知識と突き合わせて、整合する(矛盾が
  ない)ことを確認する
 ○やり方:
  ①初期条件(仮説を動かす環境)を設定する
  ②環境の中で仮説がどう作用するか、考えてみる
  ③動きの結果が満足か、否かを評価する。
  ④満足なら採用、不満なら別の仮説を立てる・・。
 ○確 認
  思考実験の結果採用された仮説は、さらに別の方法で試さ
  れることがある。(ここは長くなるので省略)

ということで、
思考実験とは、これからやろうとすることについて、いろいろと考えてみること。“これ以上は考えても分からない”“後はやってみなければ結果は分からない”というところまで、自分が持っている経験や知識、他から調達してくる情報などを駆使してあれこれ、しっかり、考えてみることです。
もちろん「考えるための技術」も必要ですが。

思考実験は、考えられる仮説のうち、“実践すると必ず失敗する”仮説で、他の情報と組み合わせて考えてみると、“考えただけで分かる”ものを見つけ出し、試行から排除する方法です。

 ご承知のとおり、「活性化施策」には思考実験をきちんと行っていれば、とうてい採用されることはないアイデアが採用されていたり、
“そのアイデアを採用するにはこういう条件が整っていなければならない”にもかかわらずそれが無視された結果、失敗に陥る・・・。
といったことを相当防ぐことが出来ます。

 これまでの取り組みでは、“自分のアタマで考える:「思考実験」があまりにも省略されていたのではないでしょうか?
 失敗を許されないこれからの取り組みでは「思考実験」を駆使することが不可欠です。

※“どうせ失敗するのならなるべく早く失敗した方がよい”というのは実践では当たり前。思考実験は失敗の可能性を「仮説」「アイデア」段階でつぶそうという方法です。
 振り返ってみると「中心市街地・商業の活性化」の取り組みでは「思考実験」の効能効果があまりにも過小評価されたのではないでしょうか?
果たして都市経営の他のジャンルではどうか? ということも気になったり・・・。

※思考実験は、意識して活用すると、結構役に立ちます。
腕前も上がるし、所要の情報も集まるようになってくる。

※引き続き当記事関連を取りあげていきます。

思考実験、アインシュタインとかがやってなよな、で。
ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ