商店街はどこへ行く

「どこへ行く・シリーズ」第二弾(笑

 商店街活性化といえば、
①まず商店街の問題情況を把握しよう

 と、「商店街の実態調査」が行われるのがお定まりのパターンです。その手始めとして、

②「商業者の意識調査」としてアンケート調査が行われます。

 商店街の現状や将来についての考え、活性化するために必要なこと等々・・・。ところが分析・評価する段階で突然、

③「商業者の問題意識」=「商店街が直面している課題」という短絡が行われ、さらに、

④「商業者が考えている活性化策」=それに取り組めば商店街が活性化する「方向と方法」である。

という都合のいい話になっています。通行量をなんとかするとか、空店舗をなんとかするとか、駐車場をなんとかするとか、イベントをなんとかするとか等々のアンケートで回答される「なんとかする」を“これらに取り組めばその結果商店街はなんとかなる”とはや合点、支援施策、取り組み事業として採用する、というのがこれまでの施策の正体ですね。

 このことについて当サイトではオープン当初から
“活性化への支援が必要な商業者が活性化策を決めている”と指摘して来ましたが、今日に至ってもほとんど改善されておりません。(商人塾・個店経営研修事業などに取り組まれている所を除く)

 “商店街活性化の方向と方法は○○である、ついては、自力だけでは取り組みが不十分なので、その一部について支援してもらう”
というのなら分かりますが、自分たちが「役目済まし」で回答したアンケート調査に基づく「活性化策」をあたかも誰かが専門的に検討した結果として提出されたものであるかのように錯覚、取り組んでいるのが多くの商店街の活性化事業だといわれたら腹が立ちますか?

 そういうことにいくら取り組んでも「繁盛再現」という目的はゼッタイに達成できません。達成できたためしは、日本全国、ただの一個所もありません。
「マンガの街」とか視察相次ぐ事例でも例外無し。

 あのですね。
商店街は小売店が軒を連ねる街区、ものが売れてなんぼの街です。
あれやこれやに取り組んで通行量が増えたからといって、昨日まで売れなかったものがどうして売れるようになるんですか?
バカじゃないの、と言う人もいますが @商店街の味方・takeo は口が裂けてもそういうことは言いません(笑

だがしかし。
自縄自縛といいますか、自らがアンケートへの回答という形で決めてしまった「活性化策」にとらわれ、いつの間にか「他に方法はない」などと思いこみつつ、“それにしてもものが売れない”と内心では取り組みに不信を抱きながら、今日も明日も陳腐な既成路線を歩いている、というのが多くの商店街の実態です。

 一日も早く脱出すべき「マイナスのスパイラル」ですが、なかなか気づけません。気付いても転換する方向と方法が分かりません。
分かっても基礎体力に乏しい皆さんがおいそれと実行できる方向と方法とは限りません。

 ということで。
 どこの商店街もみんな一緒、活性化の実現に向けて使える時間はどんどん少なくなっていますが、いったい、いつになったら“自作自演の活性化”をぶん投げて、“成功する活性化への道”への軌道転換の必要を認識できるるのでしょうか。

 転換を支援すべき関係各方面が「意識調査」を活性化施策の構築に代替しているようではいつまで経っても出てくるのは「ウーム」ため息ばかり、たまには多数派とは抜本的に異なる「活性化への道」を歩み始めている所を研究してみるというのは如何でしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ