北の商人塾・お披露目イベント

 いよいよスタートです。
昨日(14日)午後から釧路市中心商店街に来ています。
今日は朝一で地元釧路新聞の取材を受け、その後、参加各店を巡回しました。既報のとおり、この取り組みは中心市街地渇せ詠歌協議会の事業として取り組まれています。

 協議会がその事業として中心商店街の“業種揃え・店揃えの最適化”に取り組むというのは、全国的にも画期的なことですね。
少なくともtakeoが知る限り、唯一の取り組みだと思います。

 参加店巡回の結果:
3時間×10回のコースを終了した時点で、それぞれ“お披露目イベントまでに実現すること”を発表していましたが、今日は半数のお店を回った段階の感想としては、想像以上の仕上がりになっていました。びっくりです。
というか、商人塾では毎回、最後にはだれも予想していなかったレベルの三点セットが現れます。
“この業容ならどんな立地に持って行っても繁盛するだろう”と誰もが評価するようなお店に変貌するのです。
(各地の商人塾、代表的なビフォア&アフターの写真をご紹介したいと準備中です。ご期待あれ。)

 特に今回、北の商人塾は、講義終了からお披露目までたっぷり準備期間があったので、その分、達成レベルも高くなりました。
残り半分は明日巡回、あらためて全体の感想を書きます。

 夜は、次年度の取り組みについて。
今年度の成果を踏まえて、中活法、商店街活性化法のスキームをどう活用していくか。推進体制の課題にどう取り組んでいくか。白熱した会議になる予感。

□メディアの取材相次ぐ

 すでにご承知のとおり、商人塾には通常の商店街活性化事業とは比べものにならない質と量のメディアの取材・報道が行われます。商業者の自助努力と相互扶助を基礎とする取り組みが地域の人々から支持される、評価されると見られるからだと思います。

 中でも現在開催中の北の商人塾に対するメディアの取材攻勢は群を抜いています。NHKを筆頭に道内テレビ、新聞、雑誌など。皆さん、手分けして対応しています。

 takeoも二社から取材を受けました。
一つは地元釧路新聞、二回目です。商人塾の狙い、北の商人塾の特徴、釧路市中心市街地についての感想など。
もう一社は、行政向けの雑誌で臨店を4時間密着、その後インタビュー1時間というものでした。聞けば、先に北の商人塾をコラムで報じたところ、反響がよかったのであらためて取り上げるとのことです。

 巡回は終始、和気藹々、楽しいものでした。記者さん曰く、“商店街ってとおりは人通りが少なく寂しいけど、お店の中に入ると楽しいんですね”。
確かにそうですが、これは商人塾に参加しているお店に限ったこと、普通、商店街ではこういうことは少ないと思いますよ。とtakeo。あらためて考えますと、「キラリ繁盛店づくり」に取り組んでいる人は本人もスタッフもお店も明るい。

 記者さんには“裏をとる”ため他の商店街も取材されることをおすすめしました。

 取材は行政マンを対象とする雑誌です。読者である他都市の関係者の反応が楽しみ、視察が多くなると励みになります。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ