FC2ブログ

空店舗の活用は自分たちで

皆さん、確定申告はお済みですか。
先週の土曜日、佐賀市の会計事務所まで書類一式届けて、帰り道、久しぶりに錦通り商店街に寄りました。

 ちょうど、毎年恒例の「佐賀城下ひな祭り」の最中、花曇りの土曜日ということで、賑わっていました。
そろそろ商店街の中期的なあり方などを検討する時期が来ていますが、特に「空店舗」がカギになります。
それぞれの個店はしっかり「繁盛への道」を着実に歩いていますが、通りには空店舗が連袂しています。知る人ぞ知る、空店舗数>営業店舗数 というのが錦通りです。

 “繁盛してみせれば空店舗は埋まる”わけですが、希望業種や補助制度のタイミングなどもあるし、いつまでも待っているわけにはいきません。「集積による相乗効果」を目指すわけですから。
せっかく、“商店街で繁盛店を営むの法”を体得したわけですから、これをもっと活用してみたい、という気持も沸いてきます。
目と鼻の先、同じ商店街の中なら二店目を出店しやすい。

 本店の一部を抽出して拡充する、本店と相乗効果が期待できる別業種を出店する、自分が前からやりたかった業種、などなど。

 ということで。
商店街活性化基本計画を作って、自分たちが商店街内に新規に出店するにあたっては、これを組合で支援する、というのはどうでしょうか? 簡単にいえば、空店舗対策としての出店者に対する助成制度を組合員にも適用する、ということですね。
もちろん、誰にでも出来ることではありません。上述のとおり、既存の自店をしっかり繁昌させている人に限った施策ですから、誰でも・どこでもというわけにいきません。
でも、実現すると、少なくとも商人塾の皆さんなどにとっては魅力のある話です。

 面白いので東京に提案してみます。都道府県・市町で興味のある人は是非検討してください。
上手く行けば、手っ取り早く空店舗問題を解決できるかも、です。
もっとも、その前に「繁盛への道」が行き渡っていることが条件ですけど。

 タウンマネジメントが足踏み状態ですから、ストリートマネジメントから再試行ですね。
さいわい『地域商店街活性化法』がありますし。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ