FC2ブログ

チラシの上をコトバは踊る♪

 商店街に限らず、小売業関係の販売広告といえば「誇大」はあたり前、中には「地域一番」から始まって「日本一」「世界一」とエスカレートする自作自演も少なくありません。
あのさ、お宅の得意さんにとって、あんたの店が「地域一番」とか「日本一」とか「世界一」とか、なんか関係あるわけ?

 ということで、チラシのうえでコトバを踊らせている人は、その前にご自分の脳内でコトバが踊っているわけです。
う~ん、この前のチラシのできはいまいちだった、刺激が足りなかったにちがいない、今度はもっと・・・・。ということでどんどんエスカレートしていきます。もちろん、エスカレートしているのは脳内とチラシの上だけのこと、お客がそれを見てAIDMAをかき立てられるなどということは金輪際ありません。

 さらに悪いことには。
コトバが脳内で踊っていますと、その間、アタマは知恵を出すことが出来ません。踊りをエスカレートすることは出来ますが。

 商店街で踊るのは盆踊りだけにしてください。

 話は変わりまして。
多くの商店街にはキャッチコピーがありまして「おばあさんの原宿」は有名ですね。

 当社おつきあいのある商店街のそれは「三代楽しめる商店街」です。いい思いつきですね。

 で、もんだいは、口に出した以上、何が何でもこれを実現しなければならない。逆に言うと、実現できないこと、実現への見込みを立てていないことは、公言してはいけない、ということ。
タダでさえ、商売人のチラシはあてにならないと思われている今日この頃、口当たり・耳障りが良いからと言って流行り言葉に飛びついてはいけません。

 そこで、「三代楽しめる商店街」ですが。
そもそも、各「代」は何を楽しみにしているのでしょうか?
これをはっきりさせたうえでそれぞれの世代が楽しめるコンテンツを提供しないと「三代楽しめる」はウソになるかも知れません。

 各世代に何を提供するのか?
各世代の「生きていることの楽しみ」は何か?

ほんの思いつき段階ですが。
現役終了世代:生涯現役
現役世代:生活堪能
後継世代:夢と希望
あたりで如何でしょうか。

 たとえばの話、こういうキャッチを採用して「三代楽しめる商店街」を愚直にめざすからにはそれぞれの世代に「生きている楽しさ」を実感できる「生活への提案」や「ショッピング経験」を創造・提供しなければならない。

 三世代とも商店街に出掛けるのが楽しい、ショッピングがいろいろ楽しめる、というPOPの集積を作らなければならない。
「三世代楽しめる商店街」とは誰でもショッピングを楽しめる商店街のことですね。

 関係の皆さんは、隗より始めよ、まずは自分の店のPOP充実に取り組むことからスタートしなければならない。
あ、もう始まっていますね(笑

 誰が見ても、どこから見ても“この店のお客はきっと楽しい買い物が出来るんだろうな”とイメージされるようなPOPを実現しなけばならないわけですが、これこそが「キラリ輝く繁盛店」ですね。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ