POP ー最大最強の小売商業理論

 経済における小売・サーボス業の役割を否定する人はきわめて少ないと思いますが、では、その役割はどこにあるのか、ということはこれまで理論的に明らかにされていないのではないか。

 密接に関係する経済学、経営学でも不問に付されています。
国の経済成長戦略でも同様です。
小売業、英語ではリテイラーすなわち製造流通の端末的認識です。
実態はどうか?
POPすなわち売買接点でお客に選択され、購買されない製品・商品は、製造目的を達成することができません。諸々の消費財産業の成果を左右するのは購買時点、売買接点のできばえであり、つまり、製造と消費を存続させる=経済を成立存続させるのは小.サービス業の機能です。

 POPは最大最強のこうfりさービス業理論です。
最大=経済過程に小売りサービス業を位置づけることができる唯一の理論
最強=繁盛店・集積づくりを目指す実践を指導できる唯一の理論=店舗段階の実践でノウハウ案出を導くことができる

 次年度の当社の活動はすべてPOP理論に基づいて展開します。ただし、当分の間、皆さんがその内容を知りぎんみできるのは、商人塾など講義を通じてのみ。
講義~実践~フィードバックを徹底するためです。

今日は茅野市で臨店指導の後、新宿淳久堂経由・参考図書を仕込んで帰社。
茅野市ではちょうど百縁商店街が開催されているとのこと、チラ見してレポートするかも知れません。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ