FC2ブログ

再考・中心市街地活性化

 いうまでもなく。
中心市街地活性化のメインテーマは都市商業街区の活性化であり、それはとりもなおさず、そこに立地する商業・サービス機能の活性化、劣化の一途を辿りつつある個店の繁昌再現と空地空店舗を活用した商業集積としての再構築です。
そもそも「中心市街地活性化」という問題のフレームはどのような経緯で作られたのか?
“もはや商店街は商業活性化施策だけでは活性化できない”という総括に基づいて作られた「商店街活性化のフレーム」が中心市街地活性化だということは、商店街活性化~旧・整備改善活性化法~中心市街地活性化法という制度の変遷を見れば明らかです。

 問題は、関係各方面にこのことをまったく理解していない、理解しようとしない人たちが余りにも多いこと。
特に,中心市街地活性化法の改正が「通行量の増大」といった数値目標の達成を直接の目的をしたところに“ボタンの掛け違い”がありました。数値目標は、総務省の事業評価における指摘・提言を受けて設定されたものと思われますが、これは最近の「事業仕分け」同様、素人的指摘ですからね。商店街活性化は、一、二の数値化可能な目標を設定、これをクリアすれば商店街~中心市街地が活性化する、というような安直な取り組みで実現できるものかどうか、誰かきちんと考察したのでしょうか?

 誰もしていません。
もともと、通行量が活性化のバロメーターになるという主張には、何の根拠もありません。
「通行量増加」が課題とされるようになったのは、関係各方面が商店街のリーダーたちに対して「商店街活性化を実現するうえでの課題」についてアンケート調査を行った結果、商店街が直面している課題として「通行量の減少」という回答が多かったことから、これに即応、“商店街では通行量を増やすことを求めている=通行量が
増えれば商店街は活性化する”という、プロなら絶対に犯すはずのない短絡から「通考量の増加」が中心市街地~商店街活性化のバロメーターと見なされるようになり、果ては、通行量の増大こそが中心市街地~商店街の諸問題を解決する万能薬のように位置づけられていることはご承知のとおり。

 だがしかし。
この発想は一から十まで間違っていますから、いくら取り組んでも成果は得られません。通行量は増えませんし、もちろん増えたからといってその通行量が「買い物客」に転化するハズもありません。

 そうした中で今年度スタートしたのが「個店経営研修事業」ですが、これは当初予想したよりも良い結果が得られているようです。
少なくともtakeoが担当している商店街では、大変良い結果が生まれています。
中でも注目していただきたいのは、大分県宇佐市四日市商店街の取り組みです。
1月中旬からスタートして既に客数・客単価が変わってきた、というお店が出始めています。
当社、これまで大分県方面にはほとんどご縁が無く、同商店街とはこの事業がはじめてのおつきあいですが、にもかかわらず、具体的な数値として成果が挙がり始めています。
事業スタート時点では皆さん、半信半疑だったとか(笑
おり組んでみてビックリ、スタート以来二週間足らずでどんどん成果が報告されています。

 四日市商店街における個店経営研修事業の取り組み、これまでの経過は、シャッターの内側の改革に取り組めば個店は繁盛できる”という当社の主張が妥当であることを実証するものであり、さらに、商店街活性化とは繁盛店が軒を連ねることであるという、「商店街活性化への道」の妥当性を雄弁に物語るものです。

 この成果を承けて大分県では「個店レベルの繁昌実現への取り組み」の試行が企画されており、近く、他の地域でスタートします。

 中心市街地活性化、今月は恒例の「中間総括」を報告する時です。さいわい?、リーマンショックやら風評デフレなどがありましたので、目標未達の言い訳には事欠きませんが、他方では個店経営研修事業、商人塾など王道的事業に取り組んでいるところでは「繁昌」を実現する個店が続出、線から面への拡大の緒についている、という事態をどう考えるのか。
関係の皆さんは再考していただきたいものです。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ